全国の両爬ファンの皆さん、コンニチハ!

今回は、ときどき相談を受ける「自作衣装ケース改造飼育ケース」の作り方をご紹介しましょう。夏休みの工作にもちょうどいいでしょうし。

衣装ケース改とは

衣装ケース改造飼育ケース(以下「衣装ケース改」)は、今から8年くらい前に某ヘビのMLで紹介された作成方法を参考にして、自分でいくつか作ったヘビ飼育用の簡易ケースです。
現在は10個程度を使用しています。
現役バリバリで使っている小汚いのしかなくて...
星野作:衣装ケース改・弐号機

衣装ケース改の長所

私の個人的な考え方ですが、衣装ケース改は良いことずくめじゃないかなー、って思っています。

長所1:安い
ま、そもそものきっかけがコレだったんですが、もとが衣装ケースだから安価です。ホームセンターとかに行けば、70cmくらいの以上ケースが500円前後で購入できます。
あとはさまざまな工具とパーツを準備すれば、同じくらいのパフォーマンスを持つ高級両爬専用飼育ケースから比べると相当な安価で作成することが可能です。

長所2:軽い
高級両爬専用飼育ケースは基本的にガラスでできていますので、実際は結構重たいケースです。衣装ケース改ならポリプロピレンですから、非常に軽いです。しかも持ち運ぶための手がかりも多いので、扱いやすいです。
さらにもともとが、押入などに積み重ねて収納する目的の商品ですから、積み重ねることもできます。

長所3:加工しやすい
ちょっとしたコツと慣れが必要ですが、非常に加工しやすいのも特長です。木製の自作ケージよりはかなり楽に作れると思います。

長所4:大きい
長所1とかぶりますが、安価に流通している規定の大きさが70cm程度ですから両爬飼育ケースとしては90cmに匹敵すると言っても過言ではないでしょう。ナミヘビならば2m強くらいまでの個体を十分飼育できます。

長所5:使わないときにかさばらない
ホームセンターで売られているときに、フタを外していくつも重ねてあります。ですから衣装ケース改も、作成するときにその点を考慮して作れば、使わないときにいくつも重ねてしまっておけます。高級両爬飼育専用ケースではこうはいきません。

と、良いトコを列挙してみましたが、所詮安普請。欠点だって結構あります。

短所1:熱に弱い
ポリプロピレンは100℃前後で軟化が始まる低融点が最大の欠点です。ですから両爬飼育では必須の保温に十分注意しなくてはいけません。特にホットスポットの設置は熟慮して事故を防ぐ工夫が必要になります。

短所2:接着剤がない
基本的にポリプロピレンには、優れた接着剤がありません。ですから、作成するときはネジで留めるなどの手間がかかります。

短所3:見た目が悪い
安普請なんだからしょーがねーでしょ、これは...というか不透明な素材ですから、中の様子を見ることができません。観賞用には適さないということです。

短所4:すき間が多い
専用ケースではないので当然ですが、フタと本体の間にどうしても「すき間」ができます。ヘビ飼育では致命的な短所です。

短所5:側面が平らでない
これはわかりにくいと思うのですが、衣装ケースの側面は平らではありません。少しだけたわんでいます。これは後で述べる作成の時に決定的な面倒の原因になっています。これがなければもっと簡単に作れるのですが。

短所6:割れやすい
誤解のないように書きますが、これは決して使用中に割れやすい、というわけではありません。
作成作業中に、例えばドリルで穴を開けようとしたら割れる、とかそういう問題です。

以上、欠点をいくつか述べましたが、そこは私たち人間ですから、これらの欠点をクリアする方法を工夫して作成すればいいのです。