TOPカエルヤドクガエルの仲間>アイゾメヤドクガエル
アイゾメヤドクガエル
写真提供:LIFE WITH FROGS

アイゾメヤドクガエル

学 名Dendrobates tinctorius別 名:ティンクトリウス、ティンク英 名:Dyeing poison frog分 布:南米(フランス領ギアナ、スリナム、ブラジル北部)全長:45-60mm

文字通り藍色の体色が非常に美しく、大型であるため飼育も比較的しやすいヤドクガエルです。

生息地により、非常に多くの体色のパターンが存在しますが、基本的には濃紺地に頭部から背面および体側にかけて黄から白色の不規則斑が入り、四肢には黒色の小斑点が散在します。

生態等は概ね、どのヤドクガエルも似ているのでマダラヤドクガエルの項を参考にして下さい。なお、1回の産卵数は10-20個ほどです。

何よりも、比較的大型なので餌動物等に困らないため、初級者でも飼育が勧められるヤドクガエルです。また生息地による色彩パターンが異なり(モルフ)、コレクション性が強い種であるともいえます。ちなみに写真の個体は「フレンチギアナ」または「テーブルマウンテン」と呼ばれるモルフのようです。

飼育の基本情報
ガイド記事「ヤドクガエルの飼育」を参考にして下さい
※「飼育の基本情報」は「爬虫・両生類ビジュアルガイド ヤドクガエル(誠文堂新光社)」および海外サイトを参考にしました。


<関連記事>

 ヤドクガエルの魅力・前編 森の宝石!跳ねる芸術!from All About
 ヤドクガエルの魅力・後編 ヤドク飼育は難しい?from All About

<おすすめINDEX>
カエルfrom All About
カエルのコミュニティサイトfrom All About
Terra Herps.では図鑑作りへのあなたの参加を待っています!
  • 自分の持っているアイゾメヤドクガエルに関する情報を書きたい!
  • 星野の情報はココが間違っている!
  • みなさんが提供した情報や意見を読みたい!
そんなあなたはココをクリック!


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。