餌としてのウズラ

さて、そんな疑問を持ってしまったが最後、理科の教員という職業柄、ちょっと調べてみました。

とりあえずやってみたのが「冷凍ウズラの羽毛は体重の何%あるのか」です。
方法は簡単。
冷凍ウズラの羽毛を、ひたすらむしり取ってみました。
これって結構簡単だろうとタカをくくっていたのですが、苦労しました。と言うか挫折しました。
だって、羽をむしっていると皮膚まで「ずるり」って剥けてしまうんですよ...夢に出てきそうです。
それと、ウズラの羽毛って、いわゆるフェザーってよりもダウンって感じで、とにかく軽い。部屋の中がウズラの羽毛だらけになってしまいました。
それでも、どうにかこうにか頭の羽毛を除いて(だって頭の羽毛を抜こうとすると、頭の皮が必ず剥がれてしまうもので...)、ほとんどの羽毛をむしり取りました。

はい。画像はコチラ!↓

俺、何やってんだろう...
冷凍ウズラの羽毛を取り去ったもの


で、重さの変化を調べてみたら羽をむしり取る前は6.6g、羽をむしり取ったとは6.2gでしたので、単純計算すると羽毛はウズラの体重の3%を占めていることになります。想像していた以上に羽毛は少なかったことがわかりました。さすが鳥類、羽毛は軽くできているんですね。そもそも鳥なんですから羽が重かったら飛べないって。

だいたいネット上で見た感じだと、餌用の冷凍ウズラ雛は15円/羽くらいがもっとも安い値段のようですから、仮に今回のように1羽が6.2gであるとすれば1円当たりの体重は0.41g/円ということになります。
一方、マウスの場合大きさ、重さともに冷凍ウズラのヒナと対比されるべきはピンクマウスL~ファジーといったところでしょう。ピンクマウスLは4g/匹くらいで35~50円くらい、ファジーは6g/匹くらいで45~80円くらいですから、1円当たりの体重はピンクLで0.1g/円、ファジーで0.13g/円ということになります。
乾燥重量は冷凍ウズラが水分75%(資料では65%になっていますが、これは成鳥なので、ちょっと多めに見積もって)引きとすると1.6gですから15円/羽とすると1円当たりは0.11g/円。ファジーの場合は水分80%引きで1.2gですから35円/匹とすると1円当たりは0.03g/円になります。
ですから乾燥重量で考えたとしても、決してマウスに引けをとらないコストパフォーマンスに優れた餌であると言えるかもしれません。

では、その他の栄養素はどうでしょう。
ここでは外国の論文から拾ってきたデータでマウス(ファジー)とウズラ(成鳥)の栄養成分を比較してみましょう。ウズラのヒナの栄養成分データは残念ながら見つかりませんでしたので、あくまで参考ということでご了承下さい。

ウズラ(成鳥)とマウス(ファジー)の栄養成分比較 可食部100gあたりに換算
成分ウズラ(成鳥)マウス(ファジー)
エネルギー(kcal)235121
水分(g)65.481.8
タンパク質(g)24.78.0
脂質(g)11.05.5
炭水化物糖質(g)3.41.5
ビタミンA (IU)2432562
B1 (mg)データなし
B2 (mg)
B3 (mg)
C (mg)
D (mg)
E (IU)2.33.2
無機質 (mg)カリウムデータなし
ナトリウム
2.62.8
リンデータなし
カルシウム1187268
参考:S'hei's Homepage


あくまでもウズラの成鳥ですから、これだけで判断はできませんが、少なくともウズラのヒナはマウスの代用食くらいにはなりそうな気がします。もちろん、経験上からさまざまな判断ができるとは思いますが。
ファジーとウズラの比較
左:冷凍ウズラ 右:冷凍ファジーマウス