エアコン設置、室内のことばかり気にしていませんか?

エアコン設置、室内のことばかり気にしていませんか?

実際にエアコンを買う前に必ずチェックしておくべきポイントは、商品の機能や特徴だけではありません。「エアコン選び=機種選び」ではないのです。施工がきちんとできるかを判断するために、必要となる情報を確認しておきましょう。

では、室内機・室外機それぞれの確認ポイントを整理しましょう。


室内機・設置スペースの寸法(幅*高さ)

窓と絡む位置に設置する場合が多々あります。設置可能な空き寸法をしっかり確認しましょう。またエアコンを付けた場合に、近くに吊戸棚などがあると、扉が開かなることも! 周囲の状況も含めてよく確認しましょう。

最近は、古いエアコンからの付け替えを想定して、幅・高さ寸法が小さい機種も多く発売されています。今まであきらめていた方も、もう一度探してみると、取り付け可能なモノがあるかもしれませんよ。


室内機・下地補強の有無

エアコン取り付け位置が想定されている場合、下地の準備がされていますが、特に想定されていない場合は、壁の下地が必要かどうかを調べておきましょう。


電源の有無とコンセントの形状

エアコン取り付け位置が想定されている場合、コンセントも設置されているはずです。しかし、コンセントといっても、差し込みの形はいろいろあるため、機種によっては、容量・コンセントタイプなど、変更工事が発生する場合もあります。ご自宅にコンセントがある場合は、コンセントの形・ボルト(V)・アンペア(A)などをメモしてから、店頭へ出向きましょう。


室外機・設置スペースの確保

意外と見落としがちなのが、室外機の置き場所。カタログには「配管の長さ」と「最大高低差」が記載されています。その範囲内で設置できる場所があるか、しっかり調べておきましょう。

また、最近は省エネ性能向上や多機能のため、室外機が大きい機種も増えています。「だいたい置けるだろう」ではなく、設置できる空き寸法もきちんと測ることをおすすめします。


効率のよい設置場所

せっかく高性能の機種を選んでも、設置場所によっては、その性能が最大限、活かされなくなります。できるだけ冷暖房の効きが良いよう、室内機・室外機ともに、効率のよい場所を選びたいものです。新築などで、エアコンの設置場所から検討する人は、以下の記事を参考にしてみてください。

【参考記事】省エネ&快適なエアコン計画

以上の項目を確認し、施工ができる、できないについて不安がある場合は、まず専門家(販売店・設備店など)に相談してみましょう。解決方法や適した機種を提案してくれるでしょう。見積もりにきてくれる業者もいますが、量販店などで相談するときは、状況を正確に伝えるために、簡単な間取り図やデジカメ・携帯電話で撮った写真を見せるのが有効です。

設置場所に問題がなければ、選び方のポイント1~3について詰めていけば、適した機種が選べるはずです。エアコンは施工が絡むので、失敗したからといって簡単に交換ができるものではありません。まずは、じっくりカタログを読み込み、間違いの無い機種をセレクトしてください。

 


以上が、エアコンを選ぶ際に確認するポイントです。各社のトレンドをメーカー別でまとめてみましたので、そちらも参考にしてください。

メーカー別エアコントレンド情報 >>



■メーカー別・おすすめエアコンINDEX


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。