パナソニックのエアコン

自動お掃除機能を世に知らしめ、大ブレイクさせた立役者。人の活動量や間取り・日照などを見極めて運転をコントロールするセンサー搭載や、肌や髪のうるおいをキープできる快適機能、スマホでの遠隔操作など、その後も続々と新しい機能で、エアコン業界を盛り上げています。


■代表機種:Eolia(エオリア) Xシリーズ(2017年モデル)※2016年10月発売
「ひと・もの・日照・床温センサー」センサーに加え、人が感じる暑い寒いを見分ける「温冷感センサー」を追加し、ひとりひとりに快適な冷暖房を実現。2017年モデルでは、ダブル温度熱交換器で温度の異なる2つの温風を作る「ダブル温度気流」で、ひとりひとり快適な温度が届けられるようになった。

また、コンプレッサーからの排熱を顕熱蓄熱してノンストップ暖房をする「エネチャージシステム」や、温風をしっかり足元まで届けられる「足元暖房」など、足元の快適さを向上している。部屋の温度・湿度により、部屋が暑くなると自動運転する「室温みはり」や、「ひと・ものセンサー」と連携して家族の在宅が分かる「おへやモニター」など、便利機能も充実。


【関連サイト】
・パナソニック エアコン(メーカー公式サイト)



■メーカー別・おすすめエアコンINDEX

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。