我が家に最適な容量を見極める

エアコンは、能力が足りないと、いくら運転しても全然部屋が冷えない・暖まらないということになります。そんな失敗をしないためにも、適切な能力を見極めることが大事です。

エアコンの選び方

エアコンスペックの例(※日立カタログ参考)

適切な容量を選ぶためには、カタログのスペックを理解し、しっかり読み込むことが必要です。

部屋の大きさが目安として記載されていますが、最低限チェックしたい項目は【畳数の目安】と【能力】のふたつ。

エアコンの能力は(3.6kWなど)kWで表されます。そしてこの能力に対し、畳数の目安の掲載があります。

では、その数値の意味について見ていきましょう。


畳数の目安表示に注意

みなさんが一番参考にしやすいのが、この【畳数の目安】でしょう。しかし、この数値の意味には、若干の説明が必要です。

ここに【8~10畳】と記載があった場合8~10畳の部屋に適しているという意味ではありません。「木造なら8畳・鉄筋なら10畳」という意味となりますので、くれぐれもご注意を!
畳数表記は、自宅が木造か鉄筋かで見るべき点が異なります

畳数表記は、自宅が木造か鉄筋かで見るべき点が異なります



能力(kW)は最大値と幅に注目

次は【能力】となります。冷房能力・暖房能力ともに、この数値が大きいほど、パワーが強く広い部屋に対応できるという意味です。下にある( )内の数値は、変更できる能力の幅で、この最小値が小さいほど、きめ細かな運転ができるエアコンとなります。
※各社のカタログには「カタログの見方」が解説されているページがあります。より詳しい条件は、そちらを参考にして下さい。

また、枠外に記載されている「低温暖房能力」にも注目してください。枠内にある暖房能力は、通常外気温7℃/室温20℃時の能力を表していますが、より寒い時の能力がわかる数値として、外気温2℃/室温20℃時の能力を表しています。大きいほど暖房能力が高いと判断できます。暖房もエアコンメインであれば、この数値は要チェックです。

しかし、これだけでは不十分なのです。より最適な容量を見極めるには、もう少し細かい条件を加えていかなくてはなりません。では、容量を決める際のポイントを以下に整理しましょう。

■容量を決めるとき、さらに考慮したい項目
  • 建物の種類(木造・鉄筋)
  • 建物の断熱性能
  • 部屋の向き
  • 窓の大きさ
これらを公式に従って計算すると、適切な容量が算出できますが、自分で計算するのは大変ですよね。そこで、これらの条件を伝えて専門家(販売店の人・設備業者の人など)にアドバイスをもらいましょう。

また、上記項目を入力することで、目安として必要な容量を算出してくれるサイトもあります。自分で目安が知りたい方は、一度試してみてください。

【参考サイト】
ルームエアコン最適容量自動計算・冷暖房対応版
※暖房効果についても結果が表示され親切です!

次はエアコンの省エネ度について、ポイントを押さえましょう。これを決めることで家計を助け環境にも配慮できるようになりますよ。

エアコンの選び方のポイント:家計を助ける「省エネ度」チェック >>




■メーカー別・おすすめエアコンINDEX

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。