アンダーウッディサウルスの基本情報

アンダーウッディサウルスの基本情報と飼育方法!

撮影協力:WILD MONSTER(於:九州レプタイルフェスタ)

ナキツギオヤモリ
学 名Underwoodisaurus milii別 名:アンダーウッディサウルス、オーストラリアバーキングゲッコー英 名:Australian Thick-tailed Gecko分 布:オーストラリア南部全 長:150mm

オーストラリアの南半分に広く分布する地表性のヤモリです。ここで紹介した和名よりも属名である「アンダーウッディサウルス」の名前の方がなじみがあります。

同じオーストラリアの人気ヤモリであるタマオヤモリの仲間に似た顔つきと黒地に明色の小さい斑点が美しく人気があります。

オーストラリア特有の乾燥した森林などに生息し、大きな岩などの下や穴の中に潜んでいます。基本的に夜行性で、昆虫などの小さい生物を食べています。

昔から欧米のヤモリ愛好家に人気があり、CB化も進んでいます。そのため極端に高価ではなくなりつつあるのですが、それでも私あたりにはなかなか手が出ない価格ではあります。
 

アンダーウッディサウルスの飼育方法

飼育容器
単独飼育ならば30から45cm程度のガラス水槽やプラケースでいいが、ペア以上ならば45から60cm程度のガラス水槽を使う。通気はしっかりと行えるように工夫すること。

温度
床材表面は23~27℃、ホットスポットは不要。

照明
必要なし

床材
ヤシガラ土など湿度を保持できるもの

容器内レイアウト
小さめの水容器とシェルターを設置する。


コオロギ・ミールワーム・ハニーワームなどの昆虫。

基本的な世話
  • 朝と夜間に霧吹きで湿度を調節する
  • シェルター内は湿度を保持し、活動場所は乾燥気味にする
  • 繁殖をねらう場合は冬季に8℃前後でクーリングを行う
  • など
※「飼育の基本情報」は「ゲッコーの本(リアルエステイト社)」「爬虫・両生類ビジュアルガイド トカゲ2(誠文堂新光社)」および海外サイトを参考にしました。

【関連記事】


投資未経験者限定で、オンラインインタビューを受けていただける方を募集中!
ご応募の際に事前に投資意向調査アンケートにご回答いただきます。
投資に興味がない方から興味がある方まで幅広く受け付けております。
※謝礼は10,000円になります(最大10名まで)

ご協力いただける方はこちらから回答をお願いいたします(回答期限は2021年3月1日15時まで)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。