爬虫類・両生類/両生類・爬虫類関連情報

ヒラタヘビクビガメの基本情報と飼育方法……浅い水場や渓流に生息!

今回は、ヒラタヘビクビガメの基本情報と飼育方法をご紹介いたします。ヒラタヘビクビガメは、生息地では大きな河川には生息せず、浅い水場や渓流などに生息しているそうです。大きさも手頃でなかなか魅力的な曲頸であると言えるでしょう。

執筆者:星野 一三雄

ヒラタヘビクビガメの基本情報

ヒラタヘビクビガメの基本情報と飼育方法

写真提供:Herptile Lovers

ヒラタヘビクビガメ
学 名Platemys platycephala別 名:プラテミスヘビクビガメ・プラテミス英 名:Twist-necked Turtle分 布:南米(ベネズエラ、コロンビア、エクアドル東部、ペルー、ボリビア北部、フランス領ギアナおよびブラジルのオリノコ川からアマゾン川流域)甲長:最大18cm

ビバリウムガイドで、その特異な行動から一躍有名になったプラテミスです。写真の個体は背甲が赤褐色と黒色に染め分けられてコントラストが強い亜種ズアカヒラタヘビクビガメP. p. platycephalaであり、その他に背甲が黒一色のセグロヒラタヘビクビガメP. p. melanonotaが知られています。

生息地では大きな河川には生息せず、浅い水場や渓流などに生息しているそうです。遊泳力の強い種が多い曲頸類の中では例外的に泳ぐのが下手で、飼育もそんな生態を考慮して行う必要があるようです。

以前は不活発なカメというイメージであったようですが、ビバリウムガイドで、実は本種は陸生に近いイメージで飼育すると良い、ということが紹介されてからはそのイメージも払拭されてきたようです。大きさも手頃でなかなか魅力的な曲頸であると言えるでしょう。
 

ヒラタヘビクビガメの飼育方法

飼育容器
60~90cmクラスの水槽や衣装ケースなど

温度
最低でも25℃を下回らない程度に保温

照明
紫外線入りのバスキングランプが必要

床材(底砂)
陸場にヤシガラ土などの保湿性のあるもの

容器内レイアウト
あまり水に入らないので、タッパーやバットなどで水場を用意すればよい


配合飼料でよい。植物質も食べる

基本的な世話
ヤマガメやハコガメのような半陸生ガメの飼育方法に準ずる

  • 腹甲に潰瘍が出やすいので注意が必要
※「飼育の基本情報」は「ビバリウムガイドNo.22」「ミズガメ大百科(マリン企画)」「爬虫・両生類ビジュアルガイド 水棲ガメ1(誠文堂新光社)」を参考にしました。

【関連記事】
【編集部おすすめの購入サイト】
楽天市場で人気のペット用品を見るAmazon で人気のペット用品を見る
【編集部からのお知らせ】
・「20代男性俳優」について、アンケート(2024/5/31まで)を実施中です!(目安所要時間5分)

※抽選で30名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※回答上限に達し次第、予定より早く回答を締め切る場合があります
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます