薄型、軽量を生かしたソリューション提案は、
さらに進化、ピクチャーレールでの吊り下げも


壁掛け、壁寄せ、フロアスタンド、さらにピクチャーレールでの吊り下げまで、いま最も豊富なソリューションを提案するのが日立のUTシリーズだ
壁掛け、壁寄せ、フロアスタンド、さらにピクチャーレールでの吊り下げまで、いま最も豊富なソリューションを提案するのが日立のUTシリーズだ


UT47-XP770は、IPS方式の47V型液晶パネルを使った製品で、薄型電源、薄型液晶モジュール、ファンレス冷却構造、薄型フレームをアッセンブルして、最薄3.5cmの「超薄型」を実現しています。こうした特徴はUTシリーズ共通です。

映像に関連する機能には、残像感を抑える倍速120Hz駆動、日立が一昨年から採用中のフィルム系24コマ映像再生時に中間コマを創成し、スムーズな動きを生む「なめらかシネマ」の搭載、DeepColor信号入力対応があります。

UT47-XP770は他の3サイズの770系と同様に、250GBの内蔵HDDと着脱可能な「iVポケット」を別体チューナー部に持つ「録画の出来る」テレビです。同時発表のUT47-XP700は価格がやや安くなり、iVポケットのみをチューナー部に内蔵します。

770系はWoooステーション(別体チューナー部)に250GBのiDVR方式のハードディスクを持つ
770系はWoooステーション(別体チューナー部)に250GBのiDVR方式のハードディスクを持つ


770系、700系共通で着脱可能なカセット方式のiDVR「アイヴィーポケット」を備える
770系、700系共通で着脱可能なカセット方式のiDVR「アイヴィーポケット」を備える


UT47-XP770は、地上デジタル、BS、110度CSデジタルダブルチューナー、CEC機能(「Woooリンク」)、ネットワーク対応(アクトビラビデオフル、「DoTV」)、DLNA機能を搭載しています。これは、本機と対応型パソコンを接続することで、パソコン内に保存した写真や動画ファイルを大画面で見たり、逆に本機のHDDに録画した番組を自室のパソコンで見ることが出来る機能です。

日立のテレビ特有の機能「ビデオdeメール」は、ビデオカメラやデジタルカメラで撮影した映像をパソコンでアップロードすれば、本機を使ってどれだけ離れていても見ることの出来る会員制有料ネットワークサービスです。

他に使いやすさに配慮した細かな機能に、ダブルチューナー搭載を生かして、裏番組の電子番組表(EPG)と子画面映像を画面下部に表示して内容を確認出来る「裏番組チェック機能」、デジタル放送の字幕放送を2画面両方で見られる「2画面同時字幕表示」などがあります。

UT47-XP770は外装色にブラック(UT47-XP770B)とホワイト(UT47-XP770W)の2色が用意されています。最初に市場導入したUT700系32V型の場合4色展開でしたが、黒が販売の半分を占め、白が15%、赤がそれに次ぐ販売台数でした。770系になって白が販売の半分まで増えたため、大画面でも「白が売れる」と見込んでの今回の設定です。
UTシリーズ全体で販売好調なホワイトモデルを大画面47V型の今回も用意。UT47-XP770W 予想実売価格 480,000(税込)
UTシリーズ全体で販売好調なホワイトモデルを大画面47V型の今回も用意。UT47-XP770W 予想実売価格 48万円(税込)


UT47-XV700 予想実売価格 40万円(税込)47V型を700系にも用意。770との違いはシングルチューナーになることと、内蔵タイプのHDDが省略され、録画機能はアイヴィーポケットのみの対応となる
UT47-XV700 予想実売価格 40万円(税込)47V型を700系にも用意。770との違いはシングルチューナーになることと、内蔵タイプのHDDが省略され、録画機能はアイヴィーポケットのみの対応となる


さらにUT47-XP770の場合、従来の壁掛け金具、壁寄せスタンド、フロアスタンドに加えて、新たに市販のピクチャーレールを利用して天井から吊り下げるアダプターを準備中です。

地震が起きた際にテレビが前後に振られて壁を叩かないように、何らかの方法で壁に密着させなければなりませんが、そのためのアイデアが盛り込まれたアダプターが近日発売される模様です。「超薄型」のアピアランスといい、「黒」「グレイ」を脱したカラーバリエーションといい、テレビ置き台に止まらないソリューションといい、テレビの新しい佇まいを生み出すのがUT47-XP770です。

次のページでは、UT47-XP770の映像のインプレッションをお届けします