<INDEX>
「特定保健用食品」と「栄養機能食品」ココが違う!……1P
ダイエット効果はどのくらい?……2P
いつ食べるのが効果的?……3P

「特定保健用食品」と「栄養機能食品」ココが違う

画像の代替テキスト
コンビニでも専用売り場ができるほど。愛用者が多い「栄養機能食品」
ドラッグストアやコンビニ、お菓子売り場で見かける、栄養強化された飲み物や食品。最近は専用の売り場や棚も用意され、そのバリエーションは増えています。携帯しやすいサイズも便利ですよね。

食物繊維入り、鉄強化、11種のビタミン、6つのミネラル、低GI食品……などなど、ダイエッターにとって気になる表示もいっぱい。なんとなく太らなさそうだしカラダに良さそう……というイメージを持っている方も多いかもしれません。まずこれらの商品は大きく2種類ある事を知っておきましょう!

■「特定保健用食品(トクホ)」とは?
画像の代替テキスト
特定保健用食品にはこのマークがついています

  • 厚生労働省から許可を受けた商品

  • 保健の効果(許可表示内容)を表示することのできる食品

  • 特定の保健の効果が科学的に証明されているもの(実験データ等科学的根拠の内容、有効性、安全性等の審査を通過したもの)

  • 医薬品ではなく、あくまでも食品。病気の治療に使うものではない


■「栄養機能食品(栄養調整食品・栄養機能食品)」とは?
画像の代替テキスト
「栄養調整食品」「栄養機能食品」の一例

  • 規定や定義がないので、審査はされない。各メーカーが独自に表示しているもの

  • 栄養成分の補給を目的としてビタミンやミネラル等を強化した食品で、1日必要量の下限量と上限量の範囲内にあるもの

  • 医薬品ではなく、あくまでも食品。病気の治療に使うものではない
この2つの違いをシンプルに言うなら、厚生労働省の審査に通っているものか、そうではないものか、という違いがあります。共通点は、健康な食生活の補助になる点です。

実際「特定保健用食品(トクホ)」の認可を得るには、多大なコストがかかるため、大手メーカーでの取得が中心。もちろんその分、表記されている効果がきちんとデータで証明されているという安心感はあります。

「栄養機能食品」は、日頃不足しがちな栄養素を補給する事が目的なので、その効果を明確にはしにくいのが現実。毎日バランス良い食事から様々な栄養素を摂取できれば理想的ですが、現実はなかなかそうは行かない事も多いもの。そんな時に活用してみましょう!

次のページでは、これらのカロリーやビタミンなどの効果についてご紹介します。