旅館でもなく、ホテルでもない。海に面した静かな宿で、表現されているのは“天草らしさ”。時間をかけてでも訪れたい、熊本・天草にある『石山離宮 五足のくつ』。料理だけでなく、建物、雰囲気、全てにこだわり抜いた人気宿をご紹介します。

この宿に泊まる事が
旅の目的


五足のくつ 内観 width=
ヴィッラズBの離れ。2階の寝室にはバルコニーが設けてある。窓から見える色彩のコントラストが見事。
「今お客様が求めているのはオーナーの個性が強く出ている宿だと思うんです。もちろん、合わない方もいらっしゃいますが、ここで過ごした方全員に70点という合格点をもらうより、20%の方に100点をもらうことを目指したい。それが実現すれば、必ず満室になります」

熊本は天草、東シナ海を見下ろす小高い土地。はっきりいってかなり辺鄙な場所だが、『石山離宮 五足のくつ』に訪れる人は観光目的でなく、宿での滞在が目的。
毎月1日の朝8時半から半年後の予約を受け付けているが、土曜の宿泊はすぐに埋まり、金曜と日曜は3~4ヶ月以内に埋まるという。


こだわり抜いて表現したのは
天草の魅力が詰まった宿


五足のくつ 食事処
ヴィッラズA・Bの食事処『淡味 邪宗門』。修道院をイメージしており、異国情緒あふれる空間。
オーナーの山崎博文さんは下田温泉にある老舗旅館の4代目。30カ国以上を旅し、自然の中にある宿を理想に掲げた。
その理想を実現するべく、約8,300坪の土地を購入したのが、平成4年。そして9年後の平成13年、大工、左官、庭師ら多くの職人を携えての宿作りが始まった。

山崎さんが掲げたコンセプトは“天草らしさ”。歴史や文化、風土や宗教など、天草のあらゆるものを表現しようと試みた。平成14年にヴィッラズAとBをオープン。その後、平成17年にはヴィッラズCをオープンした。

ヴィッラズAの離れ6棟は“天草の過去”を表現、建物には天草の伝統的な建築や手法を用いている。ヴィッラズBには4棟あり、“天草の未来”をイメージ。天草陶石の採掘場跡に、アジアのリゾートを演出した。
さらに、ヴィッラズA・Bとは異なる独立したゾーンにあるヴィッラズCは“キリスト教が伝来した中世の天草”をテーマに、仏教的な外観に、カトリック的デザインなど、東洋と西洋の融合を表現した。


次ページで評判の料理と詳細データをご紹介します!