ビール片手に、手が止まらない!
わいわい楽しみながらお腹いっぱいに


中村家いくらごはん
このたっぷりの内子とミソにご注目! これが食べられるのは、産卵期の12月~5月だけ。
 甲羅(こうら)を開けると中には鮮やかな色の内子(うちこ)がびっちり。
「メスの旬は12月から。12月はカニもカキも楽しめるけん、忘年会に最高ばい!」
 ミソは毛ガニのように濃厚で、かつ上品!

 カキを味わうなら旬まっさかり、夏の岩ガキに優るものはない、とは思うのだけど……。なりふり構わず、わいわいがやがや、みんなで夢中になって焼きたてを味わう。この雰囲気と相まって、カキもカニも、やけに美味しく感じたのだった。

竹崎カニとは?


中村家いくら料理
●別名:ワタリガニ、ガザミ
●主な産地:佐賀県太良町
●特徴:一般的に「ワタリガニ」、「ガザミ」と呼ばれているカニと同種。太良町の竹崎地区で獲れるものを「竹崎カニ」と呼ぶ。有明海は潮の干満差が日本一。広大な干潟にはエサとなるプランクトンが豊富に生息しているため、他産地よりも味が良い。なお、メスの旬は12月~5月、オスは7月~11月。

『竹崎海産』は年間を通じて営業しているが、仮設の小屋を出すのは9月20日ごろから。カキだけでなく、内子(卵)のびっちり入った竹崎カニを食べるなら、12月中旬以降がオススメだ。

■竹崎海産【佐賀・太良町】

長崎産のカキは2kgで1,000円、竹崎産は1kg1,000円。つまり竹崎産は2倍の値段だが、それでも竹崎産を指定する地元客は多い。ちなみに竹崎カニはご主人のご両親が1日おきに漁に出て獲ってくる。竹崎カニ1杯1,600円~、竹崎カキ1,000円(1kg)。

所在地:佐賀県藤津郡太良町太良4261-1
電話:0954-67-0603
営業時間:9:30~19:00
休日:火曜(10月~GWは無休)
電車でのアクセス:JR長崎本線多良駅からタクシーで約3分
車でのアクセス:長崎自動車道武雄北方ICから国道34号、207号を経由し太良町方面へ。ICから約30分。佐賀空港から約1時間
地図:Yahoo! 地図情報
HP:なし
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。