小さな港に、驚くほどの魚種!
いよいよセリの始まりです


出雲崎港
漁業従事者の高齢化……とはいえ、港はまだまだ威勢の良い活気に溢れている。
 出雲崎で操業する船は11艘。30年前までは30艘以上あったというが、この港でも漁業従事者の高齢化は止まらないようだ。

各地で魚が獲れなくなったと言われているが、それ以前にあと10年もすると、獲る人がいなくなるかもしれない。これは魚好きには深刻な問題だ。

 15時になると荷捌き場には仲買や近所の人々が集まってくる。ここに出雲崎名物の浜焼を売る『石井鮮魚店』の主人もいた。炭火でじっくり焼いた浜焼は、冷蔵庫のない時代に保存食として生まれたという。

「今日はカレイとイカ、それにアナゴとタイとアジを仕入れるんだ。うちの浜焼は今でも炭火でじっくり、30分も焼くから、そりゃあ大変なんだよ」

対馬暖流も流れ込む、
佐渡海峡の豊かな恵み


のどぐろ
ノドグロ
正式名称はアカムツだが、ムツ科ではなくスズキ科。その名の通り口の中が黒い。新潟以南の日本海と房総半島、西大西洋などで水揚げされる。大きいものは1尾で1キロを超えるが、ほとんど漁獲はない。通常獲れる最大のものは30cmほど。塩焼き、煮付けが旨い。旬は10月から12月。脂がたっぷり乗っている。
 我々は、もうひとり、取材先の主人と待ち合わせをしていた。出雲崎きっての料理屋であり、宿屋でもある『割烹御宿 みよや』の主人である。

「すごいでしょう。こんな小さな港なのに魚種は豊富なんですよ。佐渡と出雲崎の間の佐渡海峡には対馬暖流の一部が流れ込んでいてね、これから冬になるとアンコウなんかも揚がるんですよ。
 しかもね、このあたりの魚は海流の関係か、身が締まっている。たとえば、このアラ、九州で有名な魚だけど、味はぜったいにこのあたりのほうがいい。あとで食べてみて」

 セリが終わって、みよやへ移動した。そして待つこと1時間。料理が次々運ばれてくる。アラ、タイ、アカイカの刺身、ノドグロの塩焼き、メバルの煮物、カレイの唐揚げ……。
 たしかにアラは身がギュッと締まっていて、噛むほどにほのかな甘みがしみ出てくる。そしてなんといっても美味しいのがノドグロの塩焼き。これで1泊2食1万5750円は安い(ノドグロを食べたい時は必ず予約時に伝えること。時価により料金は変動する)。

「佐渡の魚は何でも美味い!」その前哨戦になるはずだった出雲崎で、すっかり魅せられてしまった。
そして佐渡への期待はますます高まり……。次回、後編は、いよいよ佐渡への旅。どうぞお楽しみに!

次のページでは、今回訪れたお店の詳細データをご紹介します。