お参りは、
すればするほどご利益がある

お参り好きのあまり、尼僧コスプレまでやってしまう吉田さらさ
世界的な株の大暴落、歴史的な円高、それに伴う金融不安。今年後半は、世間的にはイマイチよいことがありませんでしたが、わたしの個人的な仕事は、正直言って、昨年よりも繁盛しております。

(あくまで比較の問題なので、人様から見たら、「この程度で繁盛なら、以前はどんなんだったのかな?」と思われるでしょうが・・・)

その理由をいろいろと考えてみて、「やはりこれは、神様、仏様のご利益であろう」という結論に達しました。

わたしが、一般の皆さんよりもたくさんしていることと言えば、もちろん神社と寺めぐりです。もともとわたしは、仏像を見たり歴史の勉強をしたりするのが好きで神社仏閣に行っているので、ご利益関係はさほど考えていませんでしたが、あちこち巡るうちに、「うーむ。ここの神様はよさそうだ。この仏様とは気が合いそうだ」と感じるおなじみさんが増えてきました。

お参り好きの心の友は、優しいお坊さん
そういった「何とはなしにご縁のありそうなお寺や神社」には、仕事など、何かの都合でたびたび行くことになります。そして、そこから帰ってくると、驚くことに、大なり小なり、何かしらよいことが起きるのです。

意識して何かをお願いしているわけではないのに、なぜいつもよいことが起きるのか。それはやはり、神や仏がこの世界のどこかに存在していて、わたしのような取るに足らない者の動向もちゃんと見守ってくれているからだと思います。

「こやつは、以前は、神仏の存在すら信じない不心得者であったが、近年は、そう真面目ではないにせよ、盛んに神社仏閣に足を運んでいる。だから、ちっとはご利益を与えてやろう」

宝くじに当たりたい人は
銭亀堂に行こう!

信貴山内にはこんな石碑もある。あまりにもストレートなご祈願で笑っちゃうほど
神様や仏様は、そのように度量が広い方々なのです。だから皆さん、神社仏閣は行った者勝ち、神や仏は拝んだ者勝ち。不況の今こそ、困ったときの神頼みが威力を発揮するのです。

手っ取り早くお金を手にして個人的に不況を脱するにはどうすればいいか。それはむろん、宝くじに当たることです。そこで、今回は、ここでお参りすると宝くじに当たりやすいと言われる関西最強のご利益スポット、信貴山の「銭亀堂」を探訪します。年末ジャンボを購入予定の方は、万難を排しても、ここでお参りすべきかも知れません。

●銭亀堂は、わたしの大好きな奈良の信貴山朝護孫子寺の塔頭、千手院の中にあります。大阪の天王寺から電車に乗って王寺に行き、信貴山に登ろう!