信貴山は、
関西最強の現世利益の聖地なのだ!

信貴山の山頂近くがすべてお寺の敷地
数ある奈良の寺の中では、信貴山朝護孫子寺は、あまり知られていない存在です。それは他に有名な寺がたくさんありすぎるせいだと思うのですが、実は信貴山朝護孫子寺の歴史は、法隆寺にも負けていません。何せここは、若き日の聖徳太子が毘沙門天を感得した場所。聖徳太子は、その毘沙門天様の力を借りて物部氏との戦いに勝ち、日本に仏教が本格的に導入されることとなったのです。

では、その毘沙門天とは何者なのか?
仏像マニアの皆さんならよくご存知のように、毘沙門天は、仏の世界の四隅を守る四天王のひとり、多聞天の別名です。パワーが強いせいか単独で祀られることも多く、その場合は、よく毘沙門天と呼ばれ、七福神の一人にもなりました。

ご利益は、仏教守護、開運出世、財宝金銭授与・商売繁盛・智慧明瞭など、素晴らしいものばかり。信貴山では、その中でも「開運出世、財宝金銭授与・商売繁盛」の部分がクローズアップされているようで、山内のあちこちに、現世利益につながるお参りどころが数々あります。毘沙門天のお使いである虎をキャラクター化したオブジェもあちこちにあって、歩いているだけで楽しくなってしまう場所です。
毘沙門天のお使いである虎のオブジェがあちこちに

「現世利益のテーマパーク」
わたしは信貴山をそう呼んでいます。

宿坊も極上です

かわいい子虎ちゃんのオブジェ
信貴山朝護孫子寺には、たいへん立派な舞台式の本堂があり、ここから眺める奈良の夜景が最高。そして早朝から華々しい勤行が行われます。それに参列するためには、山内に三軒ある宿坊に泊まるのがベストです。

わたしが、以前からよくお世話になっているのは玉蔵院。1泊尼僧体験コースもあり、真言密教の世界を体感するのに最適なお寺です。信貴山には前向きで明るいパワーが満ち満ちているせいか、1泊するだけでも、何だか力をもらえるような気がします。

●以前、玉蔵院に滞在して尼僧体験をしたときのレポートです。

千手院もお勧め

今回も玉蔵院に泊まったのですが、翌日時間があったので、山内の散歩に出かけました。少し歩いたところに、やはり宿坊になっている塔頭の千手院があり、軽いお昼ご飯も食べられる、との情報を得て行ってみました。そこでわたしは発見したのです。日本で一番(?)宝くじに当たりやすいとも言われるお参りどころ、「銭亀堂」を!

●銭亀堂のすごいお札と謎のおばちゃんのご祈祷については、次のページで!あまりにもパワフル、これなら絶対に当たりそう