千手院の尼僧さんに、どうすれば宝くじに当たることができるのか、聞いてみました。お答えはとてもシンプルですが、たいへん含蓄深かったです。

1.長く願い続けることによって
順番が回ってきます

縁起のよい虎の置物も、ぜひ買って帰りたい
お店の中には、噂の銭亀堂でお参りして宝くじに当たった人に関する新聞記事も貼ってありました。ある人は、20年間、欠かさず銭亀堂にお参りに来て、20年目の翌日に宝くじを買ったところ、一億五千万円が当たったとのこと。

20年ですよ、20年!気が遠くなりませんか?

「それは、20年目にして順番が回ってきたということなのです」と、尼僧さんはおっしゃいます。つまり、神様や仏様は、無数の人々の願いを聞き、その中から、順番に当たるべき人をお決めになるということです。このエピソードから学ぶべきことは、「信じることをやめてはダメだ。諦めなければ、順番は必ず回ってくる」ということだと思います。

宝くじだけでなく、どんな願いごとも同じでしょう。
神様や仏様は、われわれよりもずっと大局的に物事を見ていらっしゃるので、一度のお参りで願いごとが叶わなくても、短気を起こしてはなりません。あなたの言葉は必ず届いているので、あとは、神仏に下駄を預けて、何事も御心のままに。

2.まずは買うこと

おたふくは「お多福」。これも、とても縁起がよい
しかし、宝くじに当たるには、もっと基本的なコツがあります。それは、「買うこと」です。当たり前のようですが、これも意外に深い意味を持っています。多くの人は、「宝くじに当たりたいな」と思っても、「どうせ当たりっこない」と考えて買いません。当然ながら、それでは永遠に当たりません。

人は、宝くじで億万長者になるというような大きな望みを抱いても、心のどこかで「自分にはそんな幸運は舞い降りて来るわけがない」と、まず否定から入るもの。しかし、どんな願いごとであっても、まず、叶う可能性があると信じることが出来る人が、最終的な幸運を引き寄せます。

たとえば、前のページに書いた「オリンピックで金メダルを取る」ことは、ほとんどの人にとっては非現実的な願いです。その選手にとっても、願いはじめた当初は、はるか遠い世界のことだったでしょう。しかし、「可能性は誰にでもある」と前向きに捉え、それに向かってなんらかのアクションを起こすことで、彼は、それを現実のものにしたのでしょう。

まずは、自分の願いごとの可能性を信じる。簡単なことなので、宝くじだけでなく、他の願いごとにも応用してみましょう。

3.当たるものと
信じて声に出すこと

この虎をくぐると、四国八十八ヶ所を巡ったのと同じご利益がある
宝くじを買ったら、当たるものと信じて、「そのお金をどう使おうか」と、あれこれ夢を膨らませましょう。それを人に話してみるのも効果的です。昔から、言葉は言霊と言って、声に出したものは、現実になると信じられてきました。言葉のパワーを多いに利用しましょう。

宝くじだけでなく、これも、普通の願いごとにも応用できますね。

最後に、千手院の尼僧さんからのメッセージをもうひとつ。

「このお寺に来ると楽しくなる。
そう思っていただくために、いろいろとがんばってます。
宝くじに当たりたい人だけでなく、皆さん、遊びに来てくださいね」

●アクセス方法などの詳細は
千手院のホームページをごらんください。


ご利益一番、ガッツが出るお寺!
●奈良のお寺に関する情報は、
「奈良 寺遊び 仏像ばなし」もごらんください

●吉田さらさは、京都、奈良の寺町を散策する講座で、案内役を務めています。
詳しくは、JTBカルチャーサロン、大阪梅田校まで(※閉鎖)

●「神社、寺めぐり」では、毎月2~3回、メールマガジンを発行中です。ガイドが最近旅した時のエピソードなどを添えたコラムや、今後、取材する予定の神社やお寺の情報をお届けします。購読を希望される方は、下記よりお申し込み下さい。

※現在停止中※
「神社、寺巡り」メールマガジン申し込み、バックナンバー一覧

たくさんの方の申し込みを心よりお待ちしています。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。