第1位:ポルトガル

アロース・デ・マリスコ
シーフードのリゾット。魚介のダシをたっぷり吸い込み、おじやのような味わい

ポルトガル
どこをとっても絵になる街並みが続く
ユーラシア大陸の西の端にあるポルトガル。お隣のスペインはグルメな話題にのぼることも多いですが、ポルトガル料理の認知度はまだまだ低いよう。しかし、ポルトガルと日本のつながりは古く、ヨーロッパ人で初めて日本を訪れたのは16世紀に種子島に漂着したポルトガル人でした。カステラやタバコのようにポルトガル語がもとになっている日本語もたくさんあります。

そして実は、アジアをのぞく世界の料理で一番日本人の舌になじむのが、このポルトガル料理だといっても過言ではないかもしれません。魚や米など日本人におなじみの食材もよく使われ、素材の持ち味を活かした優しい味付けは、まるで食べ慣れた和食のように飽きのこないテイストです。

ポルトガルで最も有名な食材といえば、なんといっても「バカリャウ」(干しダラ)。365種類ものレシピがあるといわれ、ポルトガル人の食卓には欠かせません。日本人に好評なのは「アロース・デ・パット」、いわゆる鴨ごはん。滋味あふれる懐かしい味わいに、スプーンが進むこと必至です。



いかがでしたか? もちろん今回挙げた国のほかにも美味しい国はたくさんあります。今回のランキングはあくまで「意外性」がポイント(人によってはあまり意外に感じなかった国があるかもしれませんが……)。また、国ではなく都市でみると結果も変わってきます。みなさんもお気に入りの国や都市があればぜひ教えてくださいね。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。