インドにはカレーがない?!

インドのチキンカレー
デリーのチキンカレー。辛さのなかにスパイスの豊かな風味を感じる
本格的なインドカレーを初めて食べたとき、日本のカレーとの違いに驚きませんでしたか? 私たちがカレーと聞いて真っ先にイメージするのは、給食や家庭でおなじみのニンジンやジャガイモがたっぷり入ったトロトロのカレー。でもそんなカレーはインドにはないんですよ。それどころかインドにはカレーという料理がほとんどありません。

バターチキン
タンドリーチキンをトマトやバターで煮込んだ「バターチキン」。香辛料を使っているので、カレーのような味わい
インド料理の多くは基本的にどれもカレー味。味の決め手となるのが、マサラと呼ばれるいくつかのスパイスをミックスしたもの。コリアンダー・クミン・アジョワンなど多種多様なスパイスを料理に合わせて混ぜ、そのマサラを使って料理に味をつけています。日本人からすると「全部カレーじゃない?」なんて思ってしまうのですが、現地ではそれぞれ別の料理名があります。

じゃあカレーって何?——ということになりますが、日本人(および欧米人)など呼ぶところのカレーは、スパイスで味付けた煮込み料理全般の総称です(この記事でも便宜上、それをカレーと呼ぶことにします)。インドのカレーの汁は日本のカレーのようにトロリとしたものではなく、サラリとしているものが多く、付け合わせは南部ではご飯、北部では小麦粉で作ったロティなどのパンが定番。具は野菜やチキン、豆など様々ですが、宗教上の理由からビーフカレーを目にする機会はほぼありません。

ところでカレーは辛いものというイメージが強いですが、気になる本場インドのカレーの辛さ……、実はそれほどでもありません。もちろんなかには辛いカレーもありますが、昨今の日本の「辛さxx倍」といった激辛カレーやスープカレーのほうがよほど辛いですよ。それもそのはず、インドに唐辛子が入ってきたのは16世紀ごろ。長いインドの歴史のなかではつい最近のことなのです。インドのカレーで際立っているのは、辛さよりもスパイスの香りです。

日本とは味も見た目もだいぶ違うインドのカレー。いったいどうしてこんなに違うのでしょうか? 実は日本のカレーはインドではなく、イギリスから伝わってきたものなのです。

次のページでは、日本のカレーの元になったイギリスのカレー事情をお届けします。