エキゾチックな町並み、かわいい雑貨、そして食事のおいしさと魅力満載のベトナム。高級レストラン(といっても日本で食べるよりずっとお手頃!)から、屋台までなんでも揃っています。胃袋が許すかぎり、食べまくりたいところですが、ベトナムのツアーは4・5日の短期間が主流。今回は、限られた食事のなかで一度は訪れてほしいレストラン、クアンアンゴンをご紹介します。

いつも行列! ホーチミンの行列店クアンアンゴン

いつも混んでいるが広いので回転も早い。10分~20分程度で入れることが多い
食堂の数が多いホーチミンにおいて、いつも行列ができている人気店、クアンアンゴン(quan an ngon)。ベトナム語で「おいしいお店」という意味をもつこのお店は、名前に違うことなく、ホントにおいしい! そのうえ、値段は屋台と大差ない安さというのも嬉しいところ。 いつも混んでいますが、ガヤガヤ騒々しいのもまたベトナムっぽくていいんですよね。雰囲気も楽しみながら、地元の味を思う存分堪能できますよ。

お店は2階建て。1階には屋台風キッチンがズラリと並んでいます。定番の食材から謎の調味料、甘くておいしそうなデザートまで、見ているだけでも楽しいですよ。席は1、2階の両方にあり、広くて清潔です。

ベトナムに限らずアジアでは、水などでお腹を壊してしまう人もいます。庶民の味を楽しみたいけれど、衛生状態が心配……なんて人にもオススメです。まあ、ベトナムではそれほど神経質になる必要はないと思いますが。


メニューは100種類以上! 指差し注文も可能

ベトナム料理はどれも日本人の口によく合う。エビを使った料理も多い

とりあえず見た目や匂いで惹かれたものをオーダーしてみても。まずハズレはなし!
メニューは100種類は軽く超えるほど豊富。かなり悩みます。メニューはジャンルごとに並んでおり、英語表記もあるのですが、イメージがわかないという人は指差し注文という手もアリ。実はこのお店では、店員に頼めば1階の屋台風キッチンで食べたいものを適当に指差して注文することもできるんです。2階席に案内されたときなどは、店員にオススメを聞いてみるのもいいですね。

次のページでは、料理とお店の詳細情報を一気にお届けします。