子どもの頃に読んだ、なつかしい絵本のオリジナルを読んでみましょう。よく知っているストーリーだから、知らない単語が少しくらいあっても、気にせず読み進めていけます。今回は、レオ=レオニ作 『スイミー』です。


シンプル英語だから英語絵本初挑戦の人も安心

スイミー
最近の絵本にはない、地味な色調でありながら、愛され続けるのはすぐれた芸術の証拠!?
多くの小学校の教科書にも載ったりと、誰もが一度は読んだことのあるお話ですね。オリジナルの英文はシンプルで短く、洋書絵本初めての人でもOKです。日本語版の谷川俊太郎さんの翻訳がすばらしいので、読み比べてみるのも面白いかもしれません。

<あらすじ>広い海の中に暮らす、赤い、ちいさな魚たち。そんな赤い群れの中に、いっぴきだけ真っ黒の魚がいました。泳ぎが得意な彼の名は、スイミー。ある日、スイミーのきょうだいたちは、まぐろにのみこまれてしまいます。悲しみ、ひとりぼっちで海の中をさまうスイミー。しかし、海の生き物たちの神秘的な美しさはスイミーの心を癒します。元気をとりもどしたスイミーは、新しい仲間と力を合わせ、大きな魚たちに負けずにたくましく生きていきます。


神秘的な海の様子を、独特の言葉で表現

スイミーが海の生き物たちの美しさに勇気付けられるシーンは、この物語の見所の一つ。登場する海の生き物たちは、独特の形容詞で表現されています。例えば「イセエビ」はこんな風に書かれています。

a lobster, who walked about like a water-moving machine...

「辞書に載ってない単語がある!」と焦らないで下さいね。イセエビが水中でロボットのように歩く姿を想像できればそれでいいんです。無理に日本語にしようとする必要は全然ナシ。日本語を介さず、英語を直接イメージ化する方が、英語脳により近いのです。ちなみに、谷川訳ではこの英語は「水中ブルドーザーみたいな いせえび」となっています。詩人はやっぱり違いますね。

皆さんはスイミーの中で、どのシーンが好きですか?


次のページでは、いくつか有名なセリフをピックアップして、ご紹介していきましょう!