カナダのもみの木でできたクリスマスツリー

はこだてクリスマスファンタジーのクリスマスツリー(1)
はこだてクリスマスファンタジーのクリスマスツリー。カナダ・ハリファクス市から毎年もみの木が送られています(2005年12月撮影)
1998年より毎年12月、函館ではクリスマスイベント「はこだてクリスマスファンタジー」が行われています。

函館と姉妹都市提携をしているカナダ・ハリファクス市より、毎年高さ20メートルを超えるもみの木が贈られ、金森赤レンガ倉庫の前の海上に巨大なクリスマスツリーが誕生。このツリーを中心にして、期間中は様々なイベントが開かれています。

さてクリスマスツリーが美しく輝くのは、やはり夜ですね。

はこだてクリスマスファンタジーのクリスマスツリー(2)
クリスマスツリーが点灯すると、イベントに訪れた人たちから大きな歓声が上がります(2005年12月撮影)
16時半になるとクリスマスツリーが点灯しますが、17時45分になるといったんツリーの明かりは消灯されてしまいます。再び点灯するのは18時ちょうど。この時は同時に海上で花火も打ち上がり、会場は大きな歓声に包まれます。

ベイエリアの夜景も美しい

はこだて明治館
旧函館郵便局の建物を使った「はこだて明治館」のイルミネーション(2005年12月撮影)
金森赤レンガ倉庫を中心とした函館ベイエリアでは、函館西波止場Yahoo! 地図情報)やはこだて明治館Yahoo! 地図情報)など各所でイルミネーションを楽しむことができます。

どちらもショッピングモールとして機能していますが、はこだて明治館は、1911年(明治44年)に建てられた旧函館郵便局の建物をそのまま使っています。赤レンガの建物とイルミネーションの組み合わせは見ていてい飽きないので、クリスマスツリーを見た後、のんびり歩いてみるのもいいですね。


冬の函館をご紹介してきましたが、いかがでしたか?他の季節にはない雪が彩る街の風景といつの季節も変わらない夜景、そしてクリスマスイベントが楽しめますし、おいしい海の幸も豊富な函館へぜひお出かけ下さい。

函館へのアプローチ

函館駅
2003年にリニューアルされたJR函館駅(2005年12月撮影)
  • 地図:Yahoo! 地図情報
  • 公共交通機関の場合
    <飛行機>
    函館空港より函館駅前行きのシャトルバスで、函館駅前下車。

    <JR>
    東北新幹線「はやて」で八戸乗り替え、特急「スーパー白鳥」または「白鳥」で函館駅下車。または上野からの寝台特急「北斗星」で函館駅下車。

  • 車の場合
    函館空港より国道278号線経由で函館市内へ。

    【関連記事】
  • クラシカルな洋館・教会をめぐる旅 函館前編(All About 女のひとり旅)
  • 朝市・倉庫群で美味しいもの探し 函館後編(All About 女のひとり旅)

    【関連サイト】
  • All About 北海道
  • 旧函館区公会堂(Yahoo! トラベル)
  • 函館ハリストス正教会(Yahoo! トラベル)
  • 金森赤レンガ倉庫
  • 函館山ロープウェイ
  • 函館西波止場
  • はこだて明治館
  • はこだてクリスマスファンタジー
    ◇「名所・旧跡めぐり」ガイドの北海道に関する他の記事はこちらです。
  • チューリップに囲まれる上湧別へ【北海道】
  • 個性あふれる道東の湖めぐり【北海道】
  • さいはての花の島、利尻・礼文へ【北海道】
    「名所・旧跡めぐり」では、毎月2回(14日、28日頃)メールマガジンを発行中です。ガイドが最近旅した時のエピソードなどを添えたコラムが読めたり、ガイドお薦めの記事がわかります。購読を希望される方は、下記よりお申し込み下さい。バックナンバーも下記より読むことができますよ。
  • 「名所・旧跡めぐり」メールマガジン申し込み、バックナンバー一覧

    たくさんの方の申し込みを心よりお待ちしています。
  • ※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。