クラシカルな薫りが漂う金森赤レンガ倉庫へ

金森赤レンガ倉庫群
函館ベイエリアのシンボル、金森赤レンガ倉庫群
JR函館駅から歩いて15分ほどで到着する「金森赤レンガ倉庫」は、明治末期に建てられた倉庫を生かした倉庫群。明治の薫りを残すクラシカルな雰囲気が漂うエリアです。記念撮影をしたりと散策も楽しいですが、倉庫内にはさまざまなレストランやショッピングモールが充実しているので、食事や買い物を楽しんでいると時間が経つのを忘れてしまいそう!

特にガイドがおすすめしたいのが、世界各国のクリスマスグッズを揃えた、一年中クリスマス気分の「函館クリスマススクエア」。そして赤レンガ倉庫限定の地ビールが味わえる「函館ビヤホール」です。


函館ビヤホール
函館ビヤホールではオリジナル地ビールが味わえる
函館ビヤホールでは、明治時代のレシピで作られたピルスナータイプの「函館開拓史ビール」と、赤レンガの色を思わせるエールタイプの「函館赤レンガビール」がオススメ。工場直送の地ビールのお供には、函館名物イカバターの鉄板焼きやジンギスカン、スープカレーなど、北海道ならではのサイドメニューを味わいたいものです。

「金森赤レンガ倉庫」では、レンタサイクルの貸し出しも行っているので(1日1,000円、10~17時、4月末~10月末)、レンタサイクルを借りて自由自在に、五稜郭方面へ足を延ばすのもいいでしょう。

【DATA】
■函館クリスマススクエア
・所在地:北海道函館市末広町13-9(金森洋物館内)
・TEL:0138-27-3232
・交通:市電「十字街」下車徒歩4分
・営業時間:9:30~19:00
・定休日:なし(但し、大晦日・元旦のみ休み)
・地図:Yahho!地図情報
・HP:函館クリスマススクエア

■函館ビヤホール
・所在地:北海道函館市末広町14-12
・TEL:0138-27-1010
・交通:市電「十字街」下車徒歩4分
・営業時間:平日11:30~22:30(土日祝は11:00より)
・定休日:なし(但し、大晦日・元旦のみ休み)
・地図:Yahho!地図情報
・HP:函館ビヤホール


旅の締めくくりは夜景に包まれた旧桟橋で

ライトアップされた旧桟橋
ライトアップされた旧桟橋で、港の夜景を独り占め
ショッピングや食事を思う存分楽しんで、倉庫の外に出てみれば、ちょうど夕暮れどき。立ち並ぶ倉庫もライトアップされて雰囲気バツグン! 昼間とはちょっと違った幻想的な表情を見せてくれます。しばらくライトアップされた倉庫街を散策し、海辺に向かっていくと東浜桟橋(旧桟橋)にたどり着きます。ここは明治後期まで青函航路の船着場だったところ。ガス灯の下、港の夜景を見渡していると、ちょっぴりセンチメンタルな気分になりそうです。


【関連記事】
「クラシカルな洋館・教会を巡る旅 函館前編」

■All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/8/1~2021/8/31まで

・【誰でも回答可】「毎月の家計についてのアンケート」に回答する
抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。