年齢は関係なし!「青春18きっぷ」の基本ルール

「青春18きっぷ」とは、日本国内のJR線の普通・快速列車の普通車自由席及びBRT(=バス専用道路を走行する路線バス)、JR西日本宮島フェリーが乗り放題になる切符。年齢制限があるのでは?と心配な人もいるようですが、ご安心を。年齢制限がなく、どなたでも利用できる切符です。

これが青春18きっぷ!使うごとにスタンプが押されていく

これが青春18きっぷ!使うごとにスタンプが押されていく


値段は11850円(おとな・こども同額)で、5日間有効。一人で5日間すべて使うことも可能ですし、5人グループで1日ずつ分け合うことも可能。使い方によっては、とてもお得な切符なのです。

2017年の夏の発売期間は2017年7月1日(土)~8月31日(木)。利用期間は、2017年7月20日(木)~9月10日(日)。駅の窓口や、指定席券売機で買うことができます。

基本ルールを頭に入れたら、さっそく次から1泊2日おすすめコースをご紹介していきましょう。

おすすめコース1:日本一の高原列車! 涼を求めて「八ヶ岳高原」へ

「八ヶ岳高原」で涼しい夏を過ごそう

「八ヶ岳高原」で涼しい夏を過ごそう


夏でも気温が低く、避暑地として人気の「八ヶ岳高原」。青春18きっぷで訪れるのにぴったりのエリアです。涼しい高原で、登山やハイキングなどレジャーを楽しんだり、大自然の中、コテージでのんびりするのもオススメ。

都心からは、中央本線で小淵沢(山梨県)へ行き、そこから小海線に乗り換えます。山梨県と長野県を結ぶ小海線は「八ヶ岳高原線」という愛称があり、標高の高い高原を進んで行きます。野辺山駅は、JR線の駅の中で一番標高が高い場所にある駅。高原を堪能できる癒しのローカル線となっています。

東京~野辺山までのモデルコース(休日ダイヤ)
07:37 東京(中央線中央特快・高尾行き)
↓ 
08:44 高尾(中央本線・小淵沢行き)
↓ 
11:21 小淵沢(小海線・小諸行き) 
↓ 
11:55 野辺山

おすすめコース2:有名駅弁を食べながら、ほっこり草津温泉へ

鉄道旅で疲れたら「草津温泉」でほっこり

鉄道旅で疲れたら「草津温泉」でほっこり


青春18きっぷでローカル線を乗り継いで、群馬県・草津温泉へ行くのもおすすめのコース。

都心からは、高崎線で高崎駅へ行き、そこから吾妻線に乗り換えます。長野原草津口駅で下車し、草津温泉へのバスに乗りましょう。草津温泉は日本三大名泉のひとつ。日々の疲れをゆっくり取りたい人にぴったりです。

途中、高崎周辺は、有名な駅弁が多いことで知られています。高崎駅の「だるま弁当」や、駅弁日本一の呼び声も高い横川駅の「峠の釜めし」をチェックして。両方とも高崎駅で入手可能です。田園風景を楽しみながら、鉄道グルメを楽しむのにもうってつけの路線ですね!

東京~長野原草津口までのモデルコース(休日ダイヤ)
08:29 東京(高崎線快速アーバン・高崎行き)

10:15 高崎着 ※ここで駅弁を買おう!
10:44 高崎発(吾妻線・大前行き)

12:03 長野原草津口

おすすめコース3:あえてオフシーズンにGO! 越後湯沢は夏の穴場

新潟名産の冷酒を刺身でくいっと飲んでみたい

新潟名産の冷酒を刺身でくいっと飲んでみたい


最後におすすめしたいのが、新潟県の越後湯沢。越後湯沢といえば、スキー場がたくさんあり、冬に行くイメージもありますが、実は夏でも楽しめるんです。人工ゲレンデを利用してのスキーやスノボ、ハイキングやBBQを楽しめるスポットも豊富です。

このエリアは温泉はもちろん、食事も充実。米どころ新潟のグルメや日本酒、日本海直送の魚も楽しめちゃう、食いしん坊の人にもおすすめの地域。熱くなった体を、冷たい日本酒でくいっと潤してみては。

越後湯沢はローカル線を乗り継いで行っても、疲れすぎない程よい距離。都心からは、高崎線で高崎まで行き、そこから上越線を乗り継いでいきましょう。

東京~越後湯沢までのモデルコース(休日ダイヤ)
08:29 東京(高崎線快速アーバン・高崎行き)

10:24 高崎(上越線・水上行き)

11:40 水上(上越線・長岡行き)

12:14 越後湯沢

普通列車のグリーン車を利用するのが旅通!疲れ知らずの鉄道旅を

18きっぷを利用しての普通列車に乗りっぱなしの旅は、どうしても疲れてしまうことも。そんな時は、普通列車グリーン車をうまく利用しましょう。

青春18きっぷがあれば、グリーン券を追加で買うとグリーン車に乗ることができます。グリーン車はすべて自由席。券は、駅ホームの券売機や、みどりの窓口で購入できます(ホームの券売機は、Suicaのみ対応)。車内で購入する事もできますが、その場合は駅で買う値段よりも高くなるのでご注意を。

関東近郊で普通列車にグリーン車がついているのは、東海道線、横須賀・総武快速線、宇都宮線、高崎線、湘南新宿ライン、上野東京ライン、常磐線です。

この記事で紹介した高崎線にも連結されており、プラス780円(ホリデー事前料金)を払えば、リクライニングシートでゆったり移動できます。

青春18きっぷの発売で、ますます盛り上がる夏の旅行シーズン。まだ18きっぷを使ったことがない人は、今年をデビューの年にすることをおすすめします。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。