チェストツリーとは?

不調
エストロゲンだけではカバーできない時もあるのです
チェストツリー(Chaste tree)は、別名イタリアニンジンボクやセイヨウニンジンボクと呼ばれる南ヨーロッパ・アジア西部原産の植物。日本ではあまり馴染みがありませんが、婦人科系のハーブとしてよく利用されてきたものです。
研究の結果、チェストツリーはプロゲステロン(黄体ホルモン)の不足による症状を緩和する効果があることがわかってきています。つまり、イソフラボンを摂っても緩和されないホルモンバランスの乱れの時、チェストツリーの出番ということ。

月経が止まってしまっている20人に、チェストツリーの実(チェストベリー)の抽出物を6ヶ月間摂ってもらったところ、15人中10人で月経周期が回復したという報告もあるのです。この他にも月経異常(続発性無月経、頻発月経、月経過多など)の女性を対象にした色々な実験で、改善効果があったと報告されています。
月経異常以外にも、月経前症候群PMS:月経前の乳房の痛み・むくみ・便秘・イライラ・気分の浮沈み・頭痛)の改善効果もあるようです。ただ、更年期障害の改善効果については、効果がある・ない両方の意見があって、まだ検証途中。結果が気になりますね。

色々な実験結果から分かってきたことは、チェストツリーの改善効果が表れるまでには、少なくとも2ヶ月かかるということ。チェストツリーを利用する場合は、半年くらい続けるつもりで様子を見てみましょう。

次のページは、効果があるからこそきちんと知っておきたい利用のポイント