チーズは太る!はまちがい!

ピザ
チーズはハードタイプほど、カロリーが高くカルシウムが豊富です
濃厚な味と独特の風味がくせになるチーズは、誰からも好まれる食べものですよね。秋を感じるようになったこの頃、そろそろこってりしたチーズが恋しくなってきませんか?

食べたいのはやまやまだけど、チーズといえば脂肪分やカロリーが高くて太るから……とチーズを控えているあなた。それは間違いです!チーズは食べ方次第でダイエットをサポートしてくれるのです。今回は、そんなチーズの効果的な食べ方についてお伝えします。

チーズは太らない!のひみつ

チーズには確かに脂肪分が含まれていて、カロリーが高いものもあります。でもその反面、脂肪を燃焼し体に溜め込ませない働きを持つ“ビタミンB2”も豊富に含んでいるので、脂肪分を摂ってはいるものの、同時にビタミンB2も摂取し脂肪の分解がスムーズに行われるので大丈夫なんです。またビタミンB2は細胞の働きを活性化し、お肌を元気にしてくれる働きもあります!

チーズで美肌のひみつ

チーズ
代表的なチーズのカロリーは、パルメザンチーズが一番高く475kcal/100g。低いのはカッテージチーズで105kcal/100gです
チーズには、ビタミンAも含まれています。ビタミンAは免疫力を高め、皮膚や粘膜を健康にします。またアンチエイジング効果が高く、さらにお肌につやも与えてくれます。

チーズで表情美人のひみつ

イライラを沈めるためにカルシウムが効果的ということは有名。でもせっかく摂ったカルシウムも、ある食品を食べ過ぎると吸収率が下がってしまうのです。

“ある食品”というのはインスタントや加工食品に多く含まれるリンという栄養素。リンを摂りすぎると、カルシウムの吸収が阻害されるので、いつも笑顔でいられるためにもインスタントや加工食品は食べ過ぎないように心がけましょう。

■カルシウムの吸収が阻害されると、骨に蓄えられているカルシウムが一時的に補給されます。そしてこの状態が長く続くと骨密度が低くなり、骨粗しょう症になってしまうこともあります。

■チーズ100gで牛乳600mlを飲むのと同じくらいのカルシウムを摂取することができます。※ここで言うチーズはプロセスチーズのことです。

次のページでは、チーズのオススメの食べ方についてお伝えします。