アメリカで大ブームのスーパーフードとは?

スーパーフード
スーパーフードは、希少なものでも手の届かないものでもなく、とても身近な食品です
食に対する意識がどんどん高まっているこの頃。空腹を満たすためだけではなく、食品の持つ栄養価をいかに吸収して、美しく健康になれるかが問われています。

毎年、様々な食品や栄養素が世に出回り、見たことも聞いたこともないような食べ物も目にすることもあります。食で美しさや健康を手に入れるには、“身近で手に入りやすい食品”でないと、なかなか毎日の食卓に取り入れるのは難しいですよね。

今回ご紹介するスーパーフードというものは、目新しい食品ではなく、いつでも手に入るとても身近な食品で、しかも健康増進やアンチエイジングなどの効果が期待できるというもの。そしてこの効果の程は、アメリカの権威ある学会や研究所が推奨しているというお墨付き!本国では、スーパーフードを紹介した本が大ベストセラーになるほど注目されています。

美容と健康が身近な食品から効果的に手に入れられる!これは美肌づくりのコンセプトと全く同じです。それでは早速、スーパーフードに提唱されている25品目(2008年3月現在)を一挙に公開します!

※スーパーフードは病気の診断や治療、治癒、予防を保障するものではありません。
フルーツ
美容や健康に制限されがちな動物性たんぱく質やチョコレートもスーパーフードの仲間

■穀類
・大麦(オーツ)
■豆類
・豆 ・大豆(豆腐などの加工食品も含む)
■果物・種実類
・オレンジ ・キウィ ・くるみ ・ざくろ
・ブルーベリー ・ドライフルーツ ・りんご
■野菜類
・アボカド ・かぼちゃ ・たまねぎ 
・ブロッコリー ・ほうれん草 ・トマト ・にんにく
■動物性食品
・ターキー ・鮭
■乳製品
・ローファットヨーグルト
■その他
・エキストラバージンオリーブオイル ・シナモン ・はちみつ
・ダークチョコレート
・お茶(日本茶や紅茶などお茶全般)

いかがですか?日常使いの食材がほとんどだと思います。これなら手軽に取り入れられますよね。

※1日に食べるスーパーフードの分量ですが、残念ながら日本でのスーパーフードの認知度はまだ低く、Super Food Rx書籍のベストセラーシリーズ(Super Foods Partners LLC発行)「スーパーフード処方薬:あなたの人生を変える14 の食品」Superfoods Rx: Fourteen Foods That Will Change Your Lifeを翻訳しないと詳しくは分かりません。

次のページでは、スーパーフードと美肌づくりのつながりについてお伝えします。