極上のお食事時間の愉しみはメニュー選びにもありますね
こちらの記事を読んでいただく前に、「第一印象アップのレストラン入店&着席術」を読んでいただくことをおすすめします。

さて、エレガントにご着席したら、食前酒を選び、そしてお料理のメニューが手渡されますね。あなたは、せっかち派? それとも、じっくり派? 「えっと、私、〇〇円のコースね」などと、メニューをきちんと見ずに決めてしまうのはもったいない。

「本日、非常に質の良い○○が入りましたので、素材を活かす△△の料理法でお召し上がり頂けます」などの説明を受けながら、「今の時期のおすすめは?」など、お店の方とコミュニケーションを楽しみたいですね。


オーダー時で決まる、上級会話力

料理や調理法などの好みは、どんどん伝えた方がよいでしょう。残しては厨房の方に失礼ですとなりますので、苦手なものは知らせておくのも大切なマナーです。できれば予約段階で伝えておく方が、お店の方にも親切です。

もちろん、健康上のご都合や、アレルギーなどで召上れないものも、前もってきちんと伝えておきましょう。


オーダーは誰がする?

以前は、オーダーは男性が取りまとめて、と言われていましたが、現在では女性からご自分の分を先にオーダーする、とも言われています。「それでは、女性の方から先にお伺いいたします」というお店もありますね。

先ずは女性の方のお料理から、男性の方ともお店の方ともご相談しながら、ゆっくりと決めるのが理想的です。 「シェフのお任せコース」も何が頂けるか楽しみですが、思いきり真剣に考え、最高のチョイスをしたお料理を待つ… というのも、それ以上にワクワクすることでしょう。


コーススタート! あなたのマナーは大丈夫?

■食前酒で乾杯?
グラス重ねる乾杯は、高級店ではNGです。ホームパーティーやビアホールではないので、『軽く持ち上げ、アイコンタクト』がスマートです。


■ナプキン使いもスマートに
お料理を待つ間、話に夢中になりナプキンを取るのを忘れないで下さいね。三角形に二つ折り、の場合もありますが、長方形の二つ折りにし、輪になっている側を手前にして膝の上に置く。こちらが基本となります。

しかし、まだまだナプキンを上手に使いこなしている方は少ないようです。ここでは、使用法の2つをお伝えしましょう。

・口元を拭く場合
ナプキンの端の内側を使えば、元に戻した際、汚れた部分が隠れます。また、ワインなどを飲む前にナプキンで口元を押えると、お料理の油分がせっかくのワインの色や香りや味が変化させる心配がなくなります。また、グラスの縁に油分がついてしまうのも、美しくありませんね

・指先を拭く場合
殻付きのものや、骨付きのものなど、手で頂いて良い場合はフィンガーボールも一緒に出てきます。このフィンガーボールで洗った指先の水分も、ナプキンでそっと拭き取りましょう。



次のページでは、パン、スープの頂き方を復習しましょう!