顔のむくみはなぜ朝に起こる?

うつ伏せ寝は顔に水分が滞って起床時のむくみの原因になります。
むくみというのは、皮下に余計な水分がたまってしまった状態のことを言います。特に顔のむくみを感じるのは、起床時という方が多いのではないでしょうか? 起床時に顔がむくむのは、前夜の飲酒、塩分・水分の取りすぎで、真皮が通常以上に水分を抱え込み膨張し、腫れぼったくなってしまったり、うつ伏せ寝などで水分が顔に滞ってしまったりというのが原因の場合が多いようです。このような場合は1~2時間くらいで消えることが多いようです。

また、ストレスがたまると、体内の代謝循環が悪くなり、水分も滞りがちです。夜はゆっくり入浴して、ストレスを解消しながら、体全体の血行をよくして休むようにするもの、起床時にむくませないポイントです。

1~2時間で消えるとはいえ、予定がある日は1分でも早くむくみを解消してメイクに取り掛かりたいですよね。それでは早速、むくみ解消のマッサージをご紹介します。
 

朝すっきり!顔のむくみとりマッサージ

むくんだ顔に化粧はしたくないですよね。とはいえ解消するまで待ってるわけにもいきません。そんな忙しい朝におすすめな、「むくみすっきり3分マッサージ」をご紹介します。
ステップ1

【むくみ解消マッサージSTEP1】
マッサージクリームを手にとり、左側のリンパ節=左側の鎖骨のくぼみに手(指4本程度)をあて、外側から中心にむかってやさしくさすります。くぼみの中にゴリゴリとしたかたまりのようなものを感じたら、リンパが滞っている証拠です。無理をせず、ゆっくりやさしくさすります。
 
ステップ1
【むくみ解消マッサージSTEP2】
人差し指、中指、薬指の3本を口角にあて、口角から鼻、目の下を通し耳の下まで指を滑らせていきます。耳の下から首を通って鎖骨まで滑らせます。
 
ステップ2
【むくみ解消マッサージSTEP3】
人差し指、中指、薬指の3本を頬の内側から外側にかけて、大きく円を描くように動かします。
 
アゴ(唇の中央あたり)を両手の中指&薬指で押す
【むくみ解消マッサージSTEP4】
人差し指、中指、薬指の3本を眉間に沿え、額を引き上げるようにこめかみから耳の下まで指を滑らせていきます。耳の下から首を通って鎖骨まで滑らせます。
 
アゴ(唇の中央あたり)を両手の中指&薬指で押す
【むくみ解消マッサージSTEP5】
中指、薬指の2本を目尻から目頭、まぶたを通って耳の下まで指を滑らせていきます。耳の下から首を通って鎖骨まで滑らせます。
 
ステップ1
【むくみ解消マッサージSTEP6】
最後にもう一度、左側のリンパ節=左側の鎖骨のくぼみに手(指4本程度)をあて、外側から中心にむかってやさしくさすります。くぼみの中にゴリゴリとしたかたまりのようなものを感じたら、リンパが滞っている証拠です。無理をせず、ゆっくりやさしくさすります。

以上のステップ2~5を1回として3回行います。マッサージを行うときは、乳液やマッサージクリームを塗って行うと指のすべりがよくなり、肌に負担をかけません。指の先に心をこめて、溜まった水分を流しだすような気持ちで行って下さいね。

【注意】マッサージの圧は適度にしましょう。無理に押すと逆効果になってしまいます。体調の悪いときや食後、飲酒後は避けてください。

 

油断しないでそのむくみ!!

今回取り上げたような、顔や足などの一時的なむくみは特に心配ありませんが、身体全体がむくむようなら、腎臓の機能が低下しているなど、病的な原因のある場合もあります。また、女性では生理の前後にホルモンバランスなどによりむくむことがあります。気になる場合は、医師に相談しましょう。

【関連リンク】
・All About >> 健康・医療 >> 女性の健康 >> むくみを解消する
・All About >> 健康・医療 >> 女性の健康 >> 脚、手、顔…むくみを解消してすっきり・ほっそり ダイエットの大敵!?むくみ解消

 

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。