座っている時の掟

どこかお店などに入ったら、座る位置をどうするかまず考えましょう!
ベストなのは、あなたと彼・彼女が、真向かいではなく、L字型(90度の角度)に座ることです。あるデータによると、人間は、相手の体の向きが自分に向いている面が多い程、緊張感は高くなるということです。


デートはプレゼンではありません!

プレゼン風景
デートはプレゼンではありません!
積極的な男性がハマりやすい落とし穴は、「彼女に自分の良いところをアピールしなくちゃ!」と、自分の話に夢中になりがちなことです。冒頭でも説明したように、好印象を与えるために重要なのは、話す内容ではありません。彼女の話をさえぎって自分の話をしたり、彼女が話している間にも「次に何を言おう」などと考えているのは絶対NG!

さらに、男性がやりがちなマイナスポイントとして、脚を広げて座っていて、女性の脚に靴があたったり、女性の靴を踏んでしまったり、というようなことがあります。わざとではないのでもちろん女性が怒ることはないでしょうが、やはり印象としてはマイナスです。

デートの時は、話すより彼女の話を聞くことを重視し、彼女が「一緒にいると落ち着く」と思えるような演出をするように心がけましょう!


ドカッと座るのはそこから先のデートタイムに響きます!

食べている時も注意
食べている最中も気を抜かないように!
まず最も重要なのは、エレガントな座り方をすることです。「ドカッ」と座るのと女性らしく美しく座席に着くのでは、そこからのコミュニケーションが違ってきます!
座る瞬間は、腹筋に力を入れ、静かに腰を下ろしましょう。

また、デートで座って話をしている時は、歩いている時には見せられない、細やかな仕草や表情、気の利いたあいづちなど、女性らしさをさり気なくアピールする絶好のチャンスです。

日ごろから自分がもっとも美しく見える角度や表情などを研究し、わざとらしくなく実行できるように、練習しておきましょう!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。