「エクササイズって長続きしないのよ~」と嘆きの声にお応えして、生活の中に取り入れる事のできる簡単ストレッチを紹介します。今回は【TVを見ながらのストレッチ】です。TVを見る時間を利用して、スリムで引き締まったボディを手に入れましょう!

歪みの原因!
TVを見ながらのNGポーズ

ついついやっていませんか?TVを見ながらのNGポーズ
ラクチンだからと言っても、こんなポーズは身体の歪みにつながります。できる限り避けましょう。


  • 肘を突く → 猫背になり、腹筋が緩みます

  • 頬杖をつく → 顔が歪みます。

  • いつも同じ席に座って見る → 正しくない姿勢が習慣化し、背骨や骨盤が歪みます。

  • ながら食べ → 食べる量が定まらず、ついつい食べすぎ太ってしまう恐れが!

  • ぺちゃんこ座り → 骨盤が開きます。

  • 横座り → 骨盤の高さが変わります。

  • あぐら → 骨盤がねじれます。



TVを見ながらラクラクエクササイズ

このエクササイズをすれば、歪み改善につながります。TVを見ながら簡単にできてしまうので、思い出した時には即実践しましょう!!

【畳に座ってみる場合】


■V字バランス:テレビを観ながらできる、腹筋を鍛えるエクササイズです。

両脚を持ち上げ、ヒップを中心に背中と太ももが「V」字になるようにします。なるべく膝から下のラインと床が平行になるようにしましょう。このようにV字を保つこと心がけて30秒静止します。

効果:腹筋強化


■脚の外側の筋肉を鍛えるエクササイズ

背筋を伸ばして、脚を肩幅に開きます。
手を腿の外側におき、脚の力は外側へ、と腕の力は内側へ互いに押し合います。
腿の筋肉を意識してゆっくりと力を入れ、10秒キープします。8回行います。
注意点として、決して膝だけを近づけないで下さい。あくまでも、内腿全体を意識して下さい。




■脚の内側の筋肉を鍛えるエクササイズ

手を腿の内側におき、脚の力は内側へ、と腕の力は外側へ互いに押し合います。
動作はゆっくり意識して行う事が大切です。
両膝を近づけるようにゆっくりと力を入れます。腕は外側に方向に力を入れるようにして、両脚の内側に力が入った状態を10秒キープします。これを8回繰り返しましょう。


【イスに座ってみる場合】

■骨盤の歪みを整えるストレッチです。


正しい姿勢で両足の間にクッションを挟みます。(正しい座り方はこちらを参照)腿全体を意識してクッションを思いっきり力を入れて挟みます。10秒キープします。
力を緩めたらもう一回。これを8セット行います。




継続は力なり! ちょっとした時間をうまく活用しましょう。


時間に追われる私達は、中々「エクササイズ」に割く時間を作りにくいのが現状です。でも、ちょっとした時間を活用すると、気にならずに出来てしまいます。ラクチンに出来れば、「継続」が可能ですから、効果も得られやすいのです。エクササイズは一回では効果が出にくいので、「継続」がポイントです。継続する事により、一ヵ月後、半年後、一年後の彼方の姿は確実に変わっています。
一年後の素敵なあなたであるように、レッツトライ!


■シリーズ 「ながらストレッチ」で歪み知らずのカラダに!バックナンバー
vol.1 即実践!リフレッシュストレッチ

【関連INDEX】「ストレッチ・エクササイズ」

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。