なぜに葉っぱまで食べる?

sakuramochi
食べ物だって桜色!
さて、こんなところにも桜が! という点でお話すると、日本では硬貨にまでも桜の花が……という形で100円玉が紹介されていることが少なくないのですが、意外性という点でいえば先ほどお話しした「桜前線」と並んでとりあげられているものに、「桜餅」があります。

Le couleur de fleurs de cerisier(ル クルール ドゥ フルール ドゥ スリジエ/桜色)にそめられた「あん」入りのおもちが、かわいらしく人気の桜餅。la feuille salée(ラ フイユ サレ/塩漬けの葉)と一緒に食べてしまうというのが驚きのよう。

桜の花びらをそのままde l'eau chaude(ドゥ ロ ショドゥ/お湯)にうかべていただくthé à la cerise(テ ア ラ スリーズ/桜湯)と共に、「日本人はこんなにも桜が好き!」というイメージづくりに貢献しています。

日本の美少女はその名もやっぱり「さくら」ちゃん!

sakura
フランス語版もあり。Card Captor Sakura
日本では「Sakura」といえば、女の子のprénom(プレノン/名前)としても使われている。そんな事実を、日本のアニメ好きのフランス人若者に知らしめてくれたのがCard Captor Sakura(カードキャプターさくら)の存在。

あらゆる登場人物がフランス語名に変化させられている中で、ヒロインの Sakura Kinomoto(木之本桜)は、Sakura Gauthier(サクラ ゴチエ)と、変化させられたのは名字のみ。「Sakura」という日本語のフランス語での認知度の高さがうかがえますね。

今回の記事は、Podcast番組Chocolatとの共同企画第4弾。フランスでのCerisierやシャンソンの話題はChocolatサイトでお楽しみいただけます。見上げる一本の桜の木は、まさに発展し続けるニッポンの縮図。今年のお花見では気分新たに、「世界へはばたく優美な桜」をゆっくり眺めてみるのはいかがでしょう。

【関連記事】
  • 『おフランス的ジャパニメーション大変身! 』

  • 『フランス語で「萌え~」って、どう言う? 』

  • 『春は「復活祭」がいとをかし』


  • ※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。