ライフワークをみつけて

ハッピーキャストの三澤万里子さん
「新・看護管理者マネジメント塾」を発足
ガイド:事業を行ううえで心がけていらっしゃることはありますか?

三澤万里子さん:医療機関の要望への対応や問題解決の提案は、とにかく誠実に、着実に行うことを心がけています。信頼を重んじる業界ですから、飛び込み営業はしません。今までの案件は全て紹介でご依頼いただいています。

ガイド:これからの活動内容を教えてください。

三澤万里子さん:「医療と患者の間をつなぐこと」が基本です。患者自身もそうですが、患者の家族や身の回りの人々、そして今は健康でも、誰でも患者になる可能性があるわけですから、全ての人が実情を知るべきですし、そうした情報があるかないかは私たちの未来に、降りかかってくるものだと思います。

そのような情報を正しく得るためには、病院側が情報や考え方をわかりやすく患者の視点で発信していかなくてはなりません。ですから、私たちは医療施設の経営サポートをしていくこと、その結果、医療現場の方々がよりよい環境でいきいきと働ける環境になること、それが私たちの使命です。

今後は、今まで以上にPR支援、人材紹介はもちろん、セミナー事業「新・看護管理者マネジメント塾」を充実させることで、マネジメント力、経営力を高める「学びの場」を提供し、さらに病院同士、病院と企業というようなつながりをコーディネートしていきたいと思います。

今の医療界が求める人材

ハッピーキャストの三澤万里子さん
医療業界のエキスパート、真野氏、出口氏へのインタビューなど医療現場の実情を伝える「HappyCastPR通信」を、この春、創刊
ガイド:今、医療業界で求められる人材像について教えてください。

三澤万里子さん:今はとにかく人材不足です。資格と病院の方針に理解ができる方は歓迎されます。けれども「HappyCast通信」創刊号で紹介しました川越胃腸病院のように2年間の離職率0%、入職試験も激戦という病院もあります。その取り組みが注目されているように、病院の体制もこれから大きく変わるでしょうし、それを支援していきます。

ガイド:ありがとうございました。
震災、出産、そして他の業界を経験したからこそ、医療業界に今までにないアイデアと行動力で新しい風を吹き込む三澤万里子さん。2年間という時間は実績から振り返ると短い時間かもしれません。けれども、その内容は非常に濃く、丁寧できめ細やかな支援と提案を積み重ねていくことで、聖域とされる医療業界から信頼を得ているのだと思いました。



女性のための資格情報-「健康」「医療」「福祉」に関する資格

あなたにピッタリの資格は?
30秒でわかる!適性からみつける資格診断

●資格をめざす女性におくる、ガイドのおすすめ書籍はこちら

●ガイドメルマガでお届けします!【無料】
資格試験・ガイド記事の最新情報を月2回お届けしています!
⇒ガイドメルマガの登録、バックナンバーはこちら
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。