雇用のミスマッチ解消のために、国がサポート?

働きながら公共職業訓練でスキルアップ
働きながら公共職業訓練でスキルアップ
公共職業訓練というと、退職などで失業した場合に利用できる国の制度で、特定の訓練校で、技術や職業に就くためのスキルを身につけるためのもの、といったイメージです。最近では職を失った人たちを人材不足に悩む介護・医療分野での雇用に結びつけるといった、雇用のミスマッチ解消のために、公共職業訓練はますます注目されています。

例えば、東京都では、失業者を対象に介護の資格を取得するための費用を補助したり、一定の条件を満たす場合は受講奨励金(月額15万円)を支給する、といった就職チャレンジ支援事業がはじまっています。

また、公共職業訓練を受講すると雇用保険の失業給付が延長されたり、訓練手当が支給されるなど、そのメリットが多いことはかなり知られてきています。そのメリットを享受するためには応募期間との兼ね合いや選考をクリアしなくてはなりませんから、求職中の人は、今すぐ自分の住んでいるところを管轄するハローワーク(所在地一覧はこちら)で情報収集してくださいね。

働きながら利用できる公共職業訓練

さて、このように求職中の人に何かとメリットの多い公共職業訓練。働いていると利用できないと思っている人も多いのでは。この公共職業訓練は、失業して求職中の人だけでなく、働きながらスキルアップしたい人のための講習もあるのです。

求職者向けの講習とは内容や受講料(基本的に無料)が異なりますが、働きながらスキルアップしたい人のための講習も受講料は数千円程度、内容も資格取得のための受験対策講座もあり、これを見逃さない手はありません!

例えば簿記の講習は、基礎、3級受験対策、2級受験対策、1級受験対策と各講習が4日間1,600円!