実用フランス語技能検定試験 検定概要

仏検
フランス・パリにも受検会場がある
実用フランス語技能検定試験は、財団法人フランス語教育振興協会が実施しています。フランス語能力を客観的に測る、日本人学習者を対象とした検定試験です。以前は、実用英語技能検定試験(英検)と同様、文部科学省認定試験でした(2006年廃止)。現在は、文部科学省および在日フランス大使館文化部後援をうけて実施されています。フランス語検定や仏検と略されることも。

受検レベルには、大学1年前期終了レベルで学習時間の目安が50時間程度の5級から、学習時間の目安も600時間、実地で仕事に使うことのできるレベルとした1級まで、1級、準1級、2級、準2級、3級、4級、5級の7つとなっています。

勉強方法としては公式問題集や試験対策本などの書籍やCDを利用するほか、語学学校で学ぶ方法があります。

■試験概要■
試験時期:春季(6月※準1級を除く)、秋季(11月※1級を除く)の年2回
※1級、準1級は年1回
試験方法:1次試験(筆記、聞き取り、書き取り)/2次試験(1級~準2級)
受験資格:特になし。どのレベルからでも受検できます。
受験料:1級、準1級9,000円、2級7,000円、準2級6,000円、3級5,000円、4級4,000円、5級3,000円
※併願も可能、別途受験料設定あり
合格率:1級11,000円、準1級9,000円、2級7,000円、準2級6,000円、3級5,000円、4級4,000円、5級3,000円
受検地:全国主要都市

<問い合わせ先>
仏検事務局
〒120-0073 東京都千代田区九段北1-8-1 九段101ビル
TEL 03-3230-1603 FAX 03-3239-3157
月曜日~金曜日(祝祭日を除く)10:00~17:00
E-mail:dapf@apefdapf.org
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。