フィジカルコンシェルジュ
アロマセラピストとして技術を身につけたことを証明できる修了証
ガイド:「フィジカルコンシェルジュ」として施術を行うために、どのような技術を身につけられたのでしょうか?
高須さん:Fee’z」では「東京フィジカルプランニング学院」というスクールも運営していますので、そこで技術を学び「アロマセラピスト」として認定され「フィジカルコンシェルジュ」として飯田橋店、銀座店で施術を行っています。

ガイド:卒業すると就職までサポートしてくれるのですね。
高須さん:直営店である「Fee’z」のほか、就職、独立開業される方にもサポートを行っています。

ガイド:高須さんはそこで講師もされているのですよね?受講生はどのような方が多いのでしょうか?
高須さん:はい、人材育成のために講師も務めています。そこでは、技術を身につけてもらい即戦力となっていただくために、少人数クラスとなっています。いくつかのクラスがありますが、男女問わず年齢も幅広くいらっしゃいます。

開業を目指す主婦の方やスキルアップのために通われる看護師の方、パティシエから転職された方など、この技術を身につけたい方は様々な仕事、立場の方がいらっしゃいますね。

ガイド:なるほど、年齢や性別に関わらずめざせるのですね。
高須さん:はい、むしろ心のケアという点では、年齢を重ね様々な経験をされた方は、それが強みになるかもしれませんね。

ガイド:「この仕事で良かった」と思うときは、どんなときですか?
高須さん:やはりお客様が「ありがとう」と生き生きとした表情で帰られるときですね。

ガイド:高須さんご自身もとても生き生きとして素敵な女性だと思います。また、とても親しみやすく初対面とは思えないほど。
高須さん:ありがとうございます。でも、私自身は人見知りで初対面でお話することがとても苦手で、今でも緊張してしまいます。けれども、この仕事を通して多くの方々と出会い、施術を行っていくことで、自分自身も成長していることを実感しています。

フィジカルコンシェルジュ
人材育成のためスクール講師も務めている
ガイド:最後に高須さんの夢を教えていただけますか?
高須さん:今の体と心のケアをしていく技術を高めていくことはもちろん、この技術を医療や介護の現場にも取り入れ業界全体の意識を変えたいですね。そのためには、一人の力では限界があります。だからこそ、これからも人材育成をしていきたい思っています。

ガイド:ありがとうございました。
―「医師への道」を進みながらも疑問を感じ「フィジカルコンシェルジュ」として子供の頃からの夢をかなえた高須さん。「人見知り」をコンプレックスと感じながらも行動を起こしていくことで多くの人との出会いが夢を実現に結びつけたのかもしれません。―


●関連カテゴリ
「美容」「ファッション」「カラー」の資格

●資格をめざす女性におくる、ガイドのおすすめ書籍はこちら

●ガイドメルマガでお届けします!【無料】
資格試験・ガイド記事の最新情報を月2回お届けしています!
⇒ガイドメルマガの登録、バックナンバーはこちら
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。