ぶどうの丘のぶどう畑
山梨県勝沼町にある「ぶどうの丘」のぶどう畑。天井から生るかわいいぶどうの実。
真夏の暑さもひと段落し、秋の行楽スポットを検討中の皆様。ぶどう畑でおいしいぶどうとワインに癒されてみませんか?

8月から10月まではぶどう狩りのシーズン。自分の手でもいだ果実を口に運び、レストランでは料理にぴったりのワインをセレクトしてもらい、さらには絶景の露天風呂に身をゆだねる……。そのすべてが叶うのが、今回紹介する山梨県勝沼町にある「ぶどうの丘」。東京から2時間圏内の美味に過ごせる癒しスポットです。

<記事index>
ぶどう狩りとワインの試飲を楽しむ……P.1
レストランで料理にぴったりのワインを味わう……P.2
絶景露天風呂、バーベキュー、宿泊、アクセスなど……P.3

360度ぶどう畑に囲まれた「ぶどうの丘」

ぶどうの丘行きのバス停
「ぶどうの丘」行きのバス。バス停もぶどう色。100円で乗車できます。ただし非常に本数が少ないのでバス利用の場合は注意が必要。
勝沼ぶどう郷駅を降りると目に飛び込んでくる小高い丘。それが「勝沼ぶどうの丘」です。360度ぶどう畑に囲まれたその景色は、おとぎ話の世界へ迷い込んだよう。駅前から出ているバスに揺られながら、ぶどう畑の間の道を通っていざ、丘の上へ。

まずはお目当てのぶどう狩りを

「ぶどうの丘」の建物をすり抜けていくと、ぶどう狩りのできるぶどう畑へたどり着きます。そこで、農家の方に食べ頃の房を教えてもらいながら、自分で気に入った房を摘み取っていきます。料金は、摘み取った房の重さで決まります。目安としては1房1200円ほど。

摘み取る前にたくさん試食をさせてもらえるのですが、これが嬉しい! 種類も豊富でデラウェア、巨峰、ピオーネ……と、季節によっても採れる品種は違いますが、全部で10種類ほど。いろいろなぶどうを食べ比べできるのも、ぶどう狩りならではの楽しみです。

■採れるぶどうの種類時期の目安
(※あくまで目安です)
9月上旬~中旬まで/スチューベン、巨峰、ピオーネ、タノレッドなど
9月中旬~10月中旬まで/ルビーオクヤマ、ベリーA、甲斐路、甲州など

ぶどう狩りの後はたっぷりとワインの試飲を楽しみたい

地下のワインカーヴ内
2万本のワインが貯蔵されている地下のワインカーヴ。
ぶどう狩りを満喫したら、次は大人ならではのお楽しみを。ぶどうの丘が誇る、地下のワインカーヴ(貯蔵庫)には年2回の甲州市の審査会をパスした、市が推奨する約170銘柄のワインが並びます。その数なんと2万本。専用の試飲容器タートヴァン(1100円)を購入すると、好きなだけ試飲を楽しめます。タートヴァンは持ち帰れるのも嬉しいですね。

ワイン購入用のバスケット
かわいいバスケットの中に、購入したいワインを入れて。ティスティングして気に入ったものをその場で購入できるのが嬉しい。
気に入ったワインはその場で購入可能です。入口にあるかわいいバスケットにこれぞ、と思ったワインをしのばせて。こんなにたくさんのワインを一度に試せるのも、「ぶどうの丘」ならではです。カーヴ内はひんやりと薄暗く、おごそかな空気の中、テイスティングを楽しめます。ソムリエ気分で様々なワインの味を堪能し、お気に入りを見つけてみてはいかがでしょう。

次のページでは、レストランで味わう、絶品料理と、ぴったりの特産ワインについて紹介します。