「公文書管理検定」の概要

今回、新たに「公文書管理検定」をスタートさせる社団法人日本経営協会は、これまでにも「文書管理」関連の「ファイリング・デザイナー検定」「電子化ファイリング検定」を実施しており、「公文書管理検定」は、「ファイリング・デザイナー検定」の専科に位置付けられています。

試験は、公文書を通常の業務の中で維持・管理できる知識・技能を認定する「実務編」と、戦略的に公文書管理の立案及び管理できる知識・技能を認定する「マネジメント編」の2つのグレードから構成され、今回7月の第1回試験は、「実務編」のみ実施。

気になる試験の概要は以下のとおりです。

◆試験概要◆
試験概要【実践編】マークシート(90分)
1.公文書の理解
2.公文書管理の実務
3.電子文書管理のための情報技術
【マネジメント編】マークシート、記述式(120分)
1.公文書管理のための方策
2.文書・記録管理の適正化
3.電子文書の動向
(関連法規・アーカイブズの経営管理などを含む)
※いずれも正答率70%以上で合格
受験料【実践編】5,250円、【マネジメント編】7,350円
受験資格特になし
試験日程第1回試験:7月25日
※今回は実践編のみ実施
受検地東京、名古屋、大阪の各都市

※公式サイト:社団法人日本経営協会:公文書管理検定
試験の詳細は、必ず上記サイトをご確認ください。




「公文書」とはいえ、受験対象は公務員だけでなく、公共機関と取引のある一般企業のビジネスパーソンまで幅広く、団体受験も可能なため、受験者を集めそう。まずは、目前に迫った第1回試験の様子に注目しましょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。