初回試験間近!医薬品販売の新たな専門家「登録販売者」とは?

登録販売資格
ドラッグストア、薬局・薬店で活躍できる「登録販売者」に注目!
これまで、薬局やドラッグストアなどでの一般用医薬品販売は、「薬剤師」の有資格者のみに許可されていましたが、2009年4月に施行される改正薬事法により、新たに薬剤師とは別の医薬品販売専門資格が誕生します。
その名も「登録販売者」資格。
この資格があれば、一般用医薬品の95%以上と言われる第二類および第三類医薬品販売が可能となります(今回許可されない「第一類」医薬品とは、薬剤師の対面販売での書面情報提供義務があるものを指します)。

そこで今回は、今年8月を目途に各地で第1回試験が実施される「登録販売者」をご紹介。医薬品業界大注目の新資格をチェックしておきましょう。


 >>各地で第1回試験間近!注目の新資格「登録販売者」の詳細を次ページでご紹介します。