調達プロフェッショナル認定者(Certified Procurement Professional):CPP資格

「CPP資格」は、社団法人日本能率協会(JMA)により創設された資格認定制度。企業で資材などの購買・調達業務に従事している方を対象に、「購買・調達」業務のプロフェッショナルとして必要とされるスキルを認定します。
試験は、CPP・A級とCPP・B級から構成され、2008年には上位資格であるCPO(Chief Procurement Officer)もスタートする予定です。
全てCBT(Computer Based Test)方式で実施されるので、比較的受験しやすいのも魅力ですね。

◆資格概要◆
試験
概要
【CPP・B級】CBT:Computer Based Test方式(90分100問:択一問題、語彙選択問題)
※800点満点中530点以上で合格
※CPP・A級の詳細は未発表
受験料【CPP・B級】15,750円
【CPP・A級】18,900円
受験資格【CPP・B級】特になし
【CPP・A級】CPP・B級資格の取得者
試験日程【CPP・B級】7月2日(月)~7月31日(火)
【CPP・A級】11月1日(木)~11月30日(金)
※いずれも都合の良い日を指定できる
試験
会場
全国試験センター


■等級別資格概要
・CPP・B級
対象は担当バイヤークラス。 受験資格の規定はないものの、購買・調達業務に関する2~3年程度の経験があり、購買・調達を実施、管理していく上で必要な基礎知識を有している方々を想定している。

・CPP・A級
対象はマネージャー、リーダークラス。購買・調達部門の管理者およびこれから管理者を目指される方々を想定している。

■試験対策
残念ながら、第1回試験対応の対策講座はすべて終了済みですが、「CPP資格」に準拠した認定テキストは、こちらで購入できます。

※公式サイト
社団法人日本能率協会:CPP資格公式サイト
試験の詳細は、必ず上記サイトをご確認ください。
試験情報以外にも、調達スキルチェックサンプルなどもあり。



試験実施に先駆けて行われた「プレ試験」には、企業49社200名が参加。アンケートでは、「購買業務の体系化・全体像の理解に役立つ」「部門全体のモチベーションアップにつながる」といった意見も多かったといいますから、「購買・調達」分野での活躍を目指す方は挑戦してみてはいかがでしょうか?
現在、第1回CPP・B級試験の申し込みを受付中。締切りは2007年7月26日ですので、受験希望の方はお早めに!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。