4万円以内で鍛える「交渉力」

「交渉力」を鍛えよう
コミュニケーションの上級スキル「交渉力」を鍛えよう!
「ロジカルシンキング」「コーチング」「マネジメントスキル」等など・・・好評「ビジネス誌でお馴染みのスキルをお小遣い価格(4万円以内)で学ぶための情報」、シリーズ第12弾は「交渉力」を取り上げます。
ビジネスシーンで、プライベートで、身につけておけばきっと役立つスキル「交渉力」を、この機会にしっかり鍛えておきましょう!
(お小遣い=4万円ってなぜ?答えはこちらをご覧ください!)


ところで「交渉力」って?

今流行の映画ではありませんが「交渉人」というポジションが成立するぐらい、「交渉力」は立派なスキルの1つ。
「ITプロフェッショナルのスキル」ガイドの克元さんは「交渉力」について、こんなふうにまとめてくださっています。
「『交渉の技術』とは、利害関係を調整して相互に納得感を得るためのコミュニケーションスキルです。勘違いしてはいけないのが議論の勝ち負け。議論の場での勝ち負けにこだわるのではなく、相手と自分の利害関係を調整することによって相手に敗北感を抱かせない形で対決を終結させなくてはなりません。」(「交渉の技術」[ITプロフェッショナルのスキル] ※太字:いぬかい)
つまり「交渉力」とは決して相手を「言い負かす」ことではなく、双方が納得した上でより良い結論を導き出し、「Win-Win」の関係を構築するという上級コミュニケーションスキルだということです。
この「交渉力」、一般的には営業職の商談や取引先との値引き交渉・・・といった狭いイメージで捉えられがちですが、上記のような定義で考えるなら、意見や利害関係の違う相手とコミュニケーションを取る際には、広く活用できるはず。もちろん、「残業代わって!」「お小遣いアップして!」なんていう、日常的な「交渉事」にまで、身につけておけばきっと役立つスキルなのです。

◆掲載情報INDEX◆
無料で学ぶ
40,000円以内で学ぶ&関連書籍


>>これなら、懐具合を気にせずにトライできそう?!いよいよ次ページで、「お小遣いで鍛える交渉力」情報を「料金別」でご紹介します!