4万円以内で学ぶ「リーガルマインド」

「リーガルマインド」を学ぼう
時代は「コンプライアンス」!法律知識があなたを守る
「ロジカルシンキング」「コーチング」「マネジメントスキル」等など・・・好評「ビジネス誌でお馴染みのスキルをお小遣い価格(4万円以内)で学ぶための情報」、シリーズ第9弾は「リーガルマインド」を取り上げます。
自分と会社を守るためにも欠かせない法律知識。この機会に、しっかり学んでみましょう!
(お小遣い=4万円ってなぜ?答えはこちらをご覧ください!)


なぜ「リーガルマインド」が必要なの?

プロ野球日本ハムファイターズ期待のルーキー・ダルビッシュ選手が、未成年にも関わらず喫煙していたことが公になった問題は記憶に新しいところ。そのニュースに関連して、事態を重く見た球団側が打ち出したのが「コンプライアンス教育の徹底」でした。
近頃、目にする機会が増えたこの「コンプライアンス」という言葉は、明らかな法律違反に留まらず、企業の行う反倫理的・反社会的な行為を防ぎ、社会的信頼を保つという意味合いを持ちますが、狭義では「法令順守」のこと。つまり、法律や規則などに違反せず、それらをよく守ることを指します。
折りしも、今年(2005年)4月には、企業の個人情報流出に罰則規定を設ける「個人情報保護法」がスタート。これまでにも度重なる流出問題で、信用を失墜させた企業は多数ありますが、今後は、明確な法律違反として処罰の対象となり、企業の存続すら危うくする可能性が益々高まることに。
もちろん、こうした可能性は「個人情報流出」だけには限りません。欠陥商品隠し、偽装表示、粉飾決済などなど・・・・ビジネスパーソンの周囲には故意である・なしに関わらず、「法律違反」の芽となる要素が無数にあると言って良いでしょう。
そこで重要になるのが、「リーガルマインド」。法律知識はもちろん、法律的な物事の見方、考え方をするためのスキルです。
今回は、ビジネスパーソンに欠かせない基本的な法律知識を学べる情報を中心に、「コンプライアンス」を考える上で役立つ情報も合わせてご紹介します!

◆掲載情報INDEX◆
無料で学ぶ
10,000円以内で学ぶ
40,000円以内で学ぶ&関連書籍


>>これなら、懐具合を気にせずにトライできそう?!いよいよ次ページで、「お小遣いで学べるリーガルマインド」情報を「料金別」でご紹介します!