人材業が注目する、求人ニーズ拡大資格&スキルはこれだ!

3DCAD CATIA V5

ニュース:
テンプスタッフ株式会社が、自動車業界に特化した人材育成制度/Autoトレーニー」を開始。第1弾は「3DCAD Pro CATIAコース」(2004年7月発表)

《概要》
自動車業界で積極的な導入が進む3DCAD「CATIA V5」モデラー(設計・図面作成者)育成及び特定派遣事業の強化に取り組むのは総合人材サービス業のテンプスタッフ株式会社とITエンジニア専門人材サービスのテンプスタッフ・テクノロジー株式会社。
現在、数ある産業の中でも最も業績好調の自動車業界では、基本設計から調達、開発、事故シミュレーション、廃棄までの安全・環境管理を一元化したサイクルで取り組む「プロダクトライフサイクルマネージメント」(以下PLM)が主流となっており、PLMをシミュレーションできる3次元ハイエンドCADである「CATIA V5」の導入が進んでいます。しかし、急速な導入に人材確保が追いつかず、操作技術力を有する優秀なモデラーは不足している状態
こうした自動車業界の人材不足に注目したテンプスタッフグループが、いち早く自社で優秀なモデラーの育成・派遣に取り組むことに。
優秀なモデラーへの近道は、実機でのトレーニングをいかに積むかが鍵ですが、高価な「CATIA V5」の個人購入はほぼ不可能。テンプスタッフでは、カリキュラム受講中に9~21時まで自習室を開放、個人の学習進捗に合わせ技術力を磨くこともできるそう。特に「これまで2DCADはやってきたけれど、更にスキルアップしたい」と考えている方は、こうしたサービスも賢く利用してみては。

SAP R/ 3

ニュース:
総合人材サービス株式会社パソナでは、派遣スタッフ向けの研修として「SAP R/3基本研修」を定期的に開催中。

《概要》
大手企業や外資企業での導入が急速な普及に伴い、派遣スタッフのスキルとしての需要が高まっているのがSAP R/3。
今後さらなる導入企業増加が見込まれる中、経理・営業事務などの事務職希望者がSAP R/3に遭遇する機会も確実に増えることが予想されるため、パソナでは登録スタッフ限定、「SAP R/3特別研修プログラム」を定期的に特別価格で提供中。事務関連職を希望する派遣スタッフ向けとしては業界初の特別研修プログラムであり、人材業最大手のパソナがいかにSAP R/3に注目しているかが伺えます。
SAP R/3に関しては、同じく人材業・リクルートエイブリックのキャリアアドバイザーであり、「人材バンクを使った転職」の前ガイドだった川野さんも「 人材のプロ注目の資格はこれだ!」の中で、その求人ニーズの高さを指摘されていましたね。

公認会計士

ニュース:
資格スクール大手のTAC株式会社が、2004年12月より、子会社の株式会社TACキャリアサポートと連携して、公認会計士2次試験合格者の紹介予定派遣を開始。(2004年7月発表)

《概要》
金融庁が2002年12月17日に発表した公認会計士5万人計画。この追い風を受けてか、2003年は2次試験受験者数14,978名、合格者数1,262名と過去最高となる一方で、これまで合格者のほとんどが就職していた監査法人の採用予定数は、4大監査法人で800名程度。今後は難関を突破したにも関わらず合格者には厳しい就職状況が予想されています。
会計の先進国であるアメリカでは、約33万6,000名が米国公認会計士の資格を持ち、このうち38%が監査・税務業務に従事し、42%が一般企業で活躍しており、公認会計士が多様な職種に就いて、その専門知識を生かすことが当たり前。
TACによる公認会計士2次試験合格者の紹介予定派遣は、2003年の改正公認会計士法及び同法に基づく新しい公認会計士試験制度が、アメリカの先例のように、一般企業にも会計の専門家を採用し、その高度な専門知識を活かしていく契機になると捉えてのスタートです。
紹介予定派遣とは、派遣先企業での社員としての雇用を前提として最初3~6ヶ月間は派遣社員として就業した後、採用を検討するシステム。TACでは実務についたことがない合格者に対して、一般企業の経理部での業務を想定した「経理実務業務」「税務知識」「会計ソフト操作」「ビジネスマナー」など約80時間の実務研修を行い、高度な知識を有する会計専門家に即戦力としての実務能力を身につけさせた上で顧客企業に派遣する予定だそう。
有数の難関国家試験の合格者に対して紹介予定派遣を行うのは初めてのケースだけに、今回の試みがビジネスモデルとして成功すれば、他の国家資格合格者にも適応される可能性も大。
社会的ニーズはあるのに、従来の雇用市場(監査法人)では人余り状態で需要と供給のミスマッチが生まれつつある「公認会計士」、人材業の参入により新たな雇用市場が開拓されれば、「仕事に活かせる資格度」が更にアップすること間違いなし!です。 

--------
「今最も求められている資格&スキル」は、雇用市場の最前線にいる人材業が知っている! これから「仕事に活かせる資格」を取るなら、こうした人材業の動向にも注目してみてくださいね。

=こちらの記事もどうぞ=
人材のプロ注目の資格はこれだ!
ニーズ拡大!この業界・この資格
履歴書「資格欄」はこう使おう
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。