【CPA】
経理は実務経験が非常に重視される職種なので、CPAも経理経験と組み合わせてこそ効力を発揮します。
国際会計基準の導入が国内各企業で急務となっていた数年前は、CPAの知識をもつ人はあちこちで重宝されましたが、現在、日本の会計基準はすでにグローバルスタンダードに追いついているため、ニーズは落ち着いてきた感がありますね。
とはいえ、外資系企業、海外に子会社をもつ企業、外資の資本が入っている企業など、米国会計基準が日々の業務のメインとなっている企業では、取得していれば評価されます。つまり、ニーズはあるが、活躍できる場は以前より絞られてきた、といえます。

なお、CPAのレベルまでいかなくても、経理の実務経験さえあれば「BATIC」でも評価されます。この資格に対する企業の認知度が高まっているので、国際会計の実務をこなすのに必要な知識をもっていることを証明するには十分アピール材料となり得ますね。

【簿記1、2級】
経理職は、やはり資格より実務経験が優先されます。2級は書類審査での合否の目安として使われることが多いですね。「せめて2級は欲しい」と。
1級は、実務経験が不足している場合の補完材料として有効です。たとえば「経験3年以上」という条件の求人に対して2年しか経験がないといった場合、1級を取得していれば採用される確率は高まります。

営業事務に関しては、2級をもっていれば有利になることがあります。「簿記はつぶしが効く」というイメージを持たれがちですが、実際のところ簿記資格が評価される職種は、経理・営業事務くらいですね。

→まだまだ続きます!それでは「TOEIC」「中小企業診断士」の実力はいかに?