韓国語能力試験=TOPIK(トピック)とは

画像

TOPIKは韓国政府系機関認定の試験



「韓国語能力試験・TOPIK」とは、韓国語関連の検定試験の中でも1、2を争う認知度を誇る試験です。韓国語をコツコツと勉強する方が増えると同時に、実力試しやモチベーションアップのためにチャレンジする方が増えてきているようです。まずは時間・内容・採点方式・受験料など、基本的な情報からご紹介します。

【INDEX】
・ TOPIKの基本情報~時間・内容・採点方式・受験料
TOPIKのレベル別認定基準
過去問題集などの入手方法、問題文の例
お薦めのTOPIK対策本
 

TOPIKの基本情報~時間・内容・採点方式・受験料


公式ホームページ:「韓国語能力試験/韓国教育財団

■基本情報(2018年4月現在)

・主催 : 大韓民国教育省・国立国際教育院(NIIED)
・主管 : 駐日本国大韓民国大使館・公益財団法人韓国教育財団
・開始年: 1997年
・実施国: 韓国・日本・中国、その他アジア・アメリカ・ヨーロッパなど70ヵ国以上
・評価等級: 初級にあたるTOPIK1、中・上級にあたるTOPIK2

※日本の英語検定などは数字の小さい級ほど上級になりますが、TOPIKでは数字の大きい級ほど上級になります

※当サイトでは便宜上「TOPIK1」「TOPIK2」とアラビア数字を使用していますが、実際はローマ数字が用いられています

※総合得点によって、1級もしくは2級、または不合格と振り分けられます

■試験の所要時間及び内容

TOPIK1は、「聞き取り」40分、「読解」60分。休憩なしの2教科100分間。
TOPIK2は、「聞き取り」60分、「書き取り」50分。この後30分の休憩を挟み、「読解」70分。よって、試験のみの時間は3教科180分。


■採点方式
TOPIK1は200点満点中、1級は80点以上、2級が140点以上で合格。
TOPIK2は300点満点中、3級は120点以上、4級は150点以上、5級は190点以上、6級は230点以上で合格。

■受験料
TOPIK1は3,500円、TOPIK2は4,000円。
 

TOPIKと他の韓国語検定との比較

TOPIKと他の韓国語検定はどう違うのか?を知りたい方はこちらの記事をどうぞ。「違いは何? 韓国語の能力検定試験3つを一挙に紹介!」
 

TOPIKの試験日は年3回(2018年)

・第57回:2018年4月15日(日)
・第59回:2018年7月15日(日)
・第60回:2018年10月21日(日)
※第58回:5月20日(日)は、日本では実施されません

※日本の試験会場、願書締切日については、試験会場・日時/韓国語能力試験をご覧ください。

次は、気になる評価基準、合格基準についてご紹介します。