ヨロブン、アンニョンハセヨ? 韓国語の勉強は、はかどっていますか? 欲張らずに、ひとこと、ひとこと、はっきり発音して、元気よく話すと良いですよ!

さて、「韓国語の基礎」シリーズでは、以前取り上げた記事「韓国語で「~です」と言ってみましょう」記事「知っておきたい韓国語の動詞~「行く」」記事「知っておきたい韓国語の動詞~「来る」」記事「知っておきたい韓国語の動詞~「見る」」のように、基礎的な文法を身につけながら単語力、会話力を高めていけるよう記事を作成しています。そこで今回は、韓国語で「~(だれだれ、なになに)が」と、主語を付けて会話をする練習をしてみたいと思います! 화이팅(ファイティン/頑張りましょう)!

「~が」の韓国語をチェック!

 会社に来る
友達が、子供が、母が……を韓国語で言えるかな?
  • 「~이(イ)/가(ガ)」:~が


読んでみましょう。「イ」、そして「ガ」ですね。これは、「~(だれだれ、なになに)が」と、文章に主語を入れる際に使う助詞です。なぜ2つあるかというと、主語の単語がパッチムで終わっているか終わっていないかで変わってくるのです(「パッチム」って何だっけ? と思ったら→こちら)。大丈夫、難しくありません。覚えておきたい単語と合わせ、一緒に見てみましょう。

【パッチムで終わらない単語】+
・어머니(オモニ/お母さん)→ 어머니(オモニガ/お母さんが)
・아버지(アボジ/お父さん)→ 아버지(アボジガ/お父さんが)
・아이(アイ/子供)→ 아이(アイガ/子供が)
・친구(チング/友達)→ 친구(チングガ/友達が)
・배용준 씨(ペヨンジュンシ/ペ・ヨンジュンさん)→ 배용준 씨(ペヨンジュンシガ/ペ・ヨンジュンさんが)

このように、パッチムで終わらない単語の場合は、主語にしたい単語に「가(ガ)」をつけるだけです。

【パッチムで終わる単語】+
・선생님(ソンセンニム/先生)→ 선생님이(ソンセンニ/先生が)
※語尾 nim + i = nimi, 実際の発音は[선생니미]
・사장님(サジャンニム/社長)→ 사장님이(サジャンニ/社長が)
※語尾 nim + i = nimi, 実際の発音は[사장니미]
・일본 사람(イルボンサラム/日本人)→ 일본 사람이(イルボンサラ/日本人が)
※語尾 nim + i = nimi, 実際の発音は[일본 사라미]
・회사원(フェサウォン/会社員)→ 회사원이(フェサウォ/会社員が)
※語尾 won + i = woni, 実際の発音は[회사워니]
・지하철(チハチョル/地下鉄)→  지하철이(チハチョ/地下鉄が)
※語尾 chor + i = chori, 実際の発音は[지하처리]

パッチムで終わる単語の場合、主語にしたい単語に「이(イ)」を付けるのですが、そうすると……お分かりでしょうか。パッチムの音と、「이(イ)」が、「連音化(または、終声の初声化)」という現象をおこし、上に表したような発音になります。何回も読んで、慣れましょうね。

おっと、これを忘れてはいけない。「私が」と言いたいときは? 会話練習も欠かせません。次のページへGO!