韓国に行くことになった。そうだ、あの韓国の人に電話をしてみよう。あるいは韓国旅行中。あの韓国人に連絡をとってみようかな? お食事でもどうかしら……。勇気を振り絞って、受話器を取り、教えてもらった番号を押す。「プーッ」という独特な呼び出し音……。

「여, 여보세요(ヨッ、ヨボセヨ/もっ、もしもし)?」

すると、ガクッ、わけの分からない音声が流れています。どうやら留守電らしい……。それにしても、早口な上に音声が悪い。ひえーっ。ここで大抵の人は受話器を置いてしまいます。

そう、韓国の電話の留守番電話はとっても早口! 韓国語中級者以上の人でも何を言っているか分からないときがあります。しかし、せっかく電話をしたのですからここは落ち着いて、メッセージだけでも録音してみましょう。そのために、なんて言っているのか、どのタイミングでメッセージを残し、どのボタンを押したら良いのかを解説いたします!

留守番電話に繋がったとき

 phone
慌てずにメッセージを録音してみよう
留守電に繋がったら、慌ててすぐ切らずに、ぐっとこらえてメッセージだけでも残すよう頑張りましょう! 大体、以下ような流れになります。電話会社によって言葉の違いが出てきますが、基本は一緒です。

●「고객님의 전화기가 꺼져있어 ○○(会社によって違います)로 연결됩니다. 연결된 후에는 통화료가 부과됩니다.」
(コゲンニメ チョナギガ コジョイッソ ○○ロ ヨンギョル テムニダ。ヨンギョルデン フエヌン トンファリョガ プガテムニダ)
(お客様の電話が切れているため、○○にお繋ぎ致します。繋がった後は通話料が賦課されます。)

又は、

●「고객님이 전화를 받을 수 없으니 ○○(会社によって違います)로 연결됩니다. 연결된 후에는 통화료가 부과됩니다.」
(コゲンニミ チョナルル マドゥルス オプスニ ○○ロ ヨンギョル テムニダ。ヨンギョルデン フエヌン トンファリョガ プガテムニダ)
(お客様は電話に出られませんので○○にお繋ぎ致します。繋がった後は通話料が賦課されます。)

///少し待ちます///

●「○○(電話会社名)입니다. 음성녹음은 1번, 연락번호를 남기시려면 2번을 눌러 주십시오.」
(○○イムニダ。ウムソン ノグムン イルボン、ヨンラク ボノルル ナムギシリョミョン イーボヌル ヌルロジュシプシオ)
(こちらは○○です。音声録音は1番、連絡先を残される場合は2番を押してください。)

///メッセージを録音したいので1番を押します///

次が最大の山場! いよいよメッセージを録音します。