日本は6月に入るとジメジメとした梅雨の季節に入りますね。お隣韓国にも「梅雨」はあり、韓国語で「장마(チャンマ)」といいます。時期は日本と同じでしょうか? 梅雨どきの韓国の人々の生活は……。ポイントとなる韓国語とともに、一緒に見てみましょう!

韓国の「梅雨」の時期は、いつ?

梅雨
韓国の梅雨は7月がメイン。この時期の韓国旅行は折りたたみ傘を忘れずに
日本と同じような緯度にある韓国。韓国にも「梅雨」はあります。さて、その時期はいつ頃でしょうか。

日本の本州の梅雨入りは、昭和26年(1951年)以降の梅雨入りと梅雨明け(確定値):関東甲信)によると、梅雨入りは平年6月8日頃、梅雨明けは7月21日頃ですが、韓国の梅雨入りは日本より遅く、平年6月下旬から7月下旬です。

日本で「梅雨」というと、「6月」というイメージがありますが、韓国は「7月」というイメージです。6月下旬から7月下旬にかけて韓国旅行に行かれる方は、日本気象協会tenki.jp(韓国)などをチェックし、折りたたみ傘を持って行きましょう。

気温と湿気は日本と変わらないかやや下がるイメージですが、日によってばらつきがありますので、暑さにも肌寒さにも対応できる服装を考慮したほうが良いでしょう。また、雨の中を歩くことも想定した靴をお忘れなく。

韓国の梅雨の風景

梅雨
韓国の人々は、折りたたみ傘をメインで使います
韓国の7、8月の降水量はとても多く、年間降水量の3割弱が7月に集中しています(参考:ソウルの気温と降水量(旅行.Info))。激しく降るときは、それこそ「バケツをひっくり返したような」雨が降ります。

また、ソウルの街を旅していて、「都会の割に坂が多いなあ……」と思ったことはありませんか?そう、韓国は起伏が激しいので、水害も少なくありません。道路に雨水が溢れてしまい、通行者がショートパンツと素足にサンダルという出で立ちで、その中をジャブジャブ歩く姿を見かけたこともあります。

また、韓国の人々は、「折りたたみ傘」をメインで使う人が多いです。日本では、折りたたみではない普通の傘をメインで使い、折りたたみ傘を補助的なものとして持つ人がほとんどですが、韓国の人々はそうではありません。日本の折りたたみ傘より一回り大きめのものを鞄の中に入れ、持ち歩いています。どうやら荷物になってしまう普通の傘を「うっとうしい」と思うようですね。
「折りたたみ傘」=「접는 우산(チョムヌン ウサン)」
6月下旬から7月下旬に韓国に行かれる方は、「접는 우산(チョムヌン ウサン)」をお忘れなく!

 

「梅雨」にまつわる韓国語をチェック!

「梅雨」にまつわる韓国語を学んでみましょう。

「梅雨」=「장마(チャンマ)」

これに「節、季節」という意味の「철(チョル)」を付けると、
「梅雨時」=「장마철(チャンマチョル)」
という意味になります。

梅雨にたくさん降るものといえば、言わずもがな「雨」ですね。
「雨」=「(ピ)」
韓国や日本で大人気の「ピ」という韓国人男性歌手がいますが、この言葉からきています。「ピ」だけだと、日本では少しピンときませんよね。なので、彼は「ピ-Rain」という名前で日本のマーケットに登場しました。
「雨が降る」=「비가 내리다(ピガ ネリダ)」
「雨が降っています」=「비가 내려요.(ピガ ネリョヨ)」

次に、天気を知ることができるもの、そう、「天気予報」ですね。
「天気予報」=「일기예보(イルギイェボ)」
「天気」=「날씨(ナルシ)」

「天気が良いです」=「날씨가 좋아요.(ナルシガ チョアヨ)」

「天気が良くありません」=「날씨가 안 좋아요.(ナルシガ アン チョアヨ)」

では次に、梅雨どきに必要不可欠なもの、そう、「傘」ですね。
「傘」=「우산(ウサン)」
韓国のホテルでは、傘を貸してくれるところも多いので、もし旅先で雨に降られてしまったらホテルのフロントやベルボーイに、
「傘を貸してください」=「우산을 빌려 주세요.(ウサヌル ピルリョジュセヨ)」
と言って、貸してもらいましょう。

韓国人は、雨の日、暑い日にこれを食べる!

韓国人は、「雨が降ると、マッコリを飲みながらチヂミを食べたくなる」と言います。
「マッコリ/どぶろく、濁り酒」=막걸리(マッコルリ)
どうしてそうなったのかは諸説あるようですが、雨が降ると仲間を誘い、伝統式居酒屋などに繰り出して、マッコリとチヂミを食す韓国人が少なくないのです。

言ってみれば「雨だから」は’言いわけ’で、ジメジメとうっとうしく気分が沈みがちな雨の日に、田舎風のアットホームな雰囲気のお店で、温かなチヂミをほおばりながらマッコリを飲み、仲間と語り合いたいのでしょう。そんな韓国人気質から、このちょっとした文化・習慣が根付いたのかな、と想像します。

それから、この季節の韓国食文化に、「伏日복날/ポンナル)」があります。これは日本の「土用の日」のような日で、韓国では、参鶏湯(サムゲタン)など、夏バテ防止の滋養食を食す日です。
  • 初伏(초복/チョボッ)
  • 中伏(중복/チュンボッ)
  • 末伏(말복/マルボッ)
と3回あり、この3日を合わせて「三伏(삼복/サムボッ)」とも言います(2018年は、初伏7月17日、中伏7月27日、末伏8月16日)。(参考:伏日(ポンナル)(KONEST))。

この三伏は、韓国の参鶏湯人気店は大行列! 列を作るのが嫌いな韓国人も、この日ばかりは健康のために、力の付く美味しいものを食べたいのでしょう。韓国人の健康や美味しいものへのこだわりが感じられますね。

【関連リンク】


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。