知的財産管理技能検定

第1回200807第2回200811第3回200903第4回200907第5回200911
1級学科228238335289319
1級実技-14-50-
2級学科5581,3271,6642,6652,002
2級実技5491,3331,7792,8702,434
3級学科2,0881,9244,0874,2313,154
3級実技2,0591,9464,0904,1403,137
受験者数全体計5,4826,78211,95514,24511,046

【注】
  • データソース:実施結果データ(知的財産教育協会)

  • 各回の試験の実施年月を「2008年7月→200807」のように表示しています。
ここ数年でできた新資格の中でも最も注目されているもののひとつ、知的財産管理技能検定。表中では学科と実技の受験者数を個別にカウントしているため、ちょっと実際の数値より多く見えてるかなという感はありますが、いずれにせよ年間数万名規模の受験者数を誇る検定であることは間違いなく、知財分野の成長性も鑑みると、今後ぜひともチェックしておきたい資格だといえるでしょう。

日商簿記検定

2005200620072008(2009)
1級30,31228,17629,25828,93230,907
2級144,008156,609162,931172,710131,987
3級249,877246,589264,879288,308215,429
4級3,5083,2822,8142,9091,878
受験者数全体計427,705434,656459,882492,859380,201

【注】
  • データソース:簿記検定試験受験者データ(日本商工会議所)

  • 2009年度の数値は6月・11月試験の合計値。他の年度は6月・11月・2月試験の合計値。ただし1級は6月・11月のみ実施。
言わずと知れたメジャー資格、日商簿記検定。その受験者数の増加はとどまるところを知らないっ!って感じですね。表中では2009年度の実績は年3回の試験のうち2回分しか集計されていないのでちょっとわかりにくいですが、ペースとしては前年同期を余裕で上回って増えてきているので、年度計ではさくっと50万名を達成しちゃうのではという感じです。

FP技能検定・CFP資格審査試験

2005200620072008(2009)
1級学科6,5486,5907,5528,6854,213
1級実技1,2111,8231,6551,7691,137
2級学科--138,513131,68892,086
2級実技--104,234117,70278,956
3級学科49,32574,74284,909100,79386,266
3級実技57,97683,00090,396116,60998,099
CFP資格審査試験17,60215,31914,35814,75015,010
受験者数全体計--441,617491,996375,767

【注】
  • データソース:過去の試験結果(日本FP協会)、過去の試験結果(金融財政事情研究会)

  • 2005年度の数値は9月・1月試験の合計値。2006~2008年度の数値は5月・9月・1月試験の合計値。2009年度の数値は5月・9月試験の合計値。ただしCFP資格審査試験のみ各年度とも6月・11月試験の合計値。

  • 1級学科・3級学科・3級実技は金財のみ実施。1級実技・2級学科・2級実技は協会実施分と金財実施分の合計値。
簿記検定と並ぶおカネ系資格の代表格といえるFP技能検定も好調です。5月~9月試験の受験者数実績(CFPを含む)をみると、2008年度実績が304,177名だったのに対して2009年度実績は375,767名と、なんと堂々の23.5%増! こりゃすごいね! こちらもさくっと年間50万名くらいはいっちゃいそうですね。


>>理系の資格もけっこう人気なのあるらしいよ! 次ページへGo!>>