月イチでなんだか新しげな資格・検定の情報をご紹介しておりますこのコーナー「資格ニューカマーズ!」、今回でなんと第33回。不況の嵐が吹き荒れ、改めて企業経営や雇用のあり方が問われつつある昨今ですが、そんな世相を反映してか、こんな検定できちゃったよ! その名も……

経営者検定経営に「正解」はあるの?

経営者検定公式サイト
経営者なら、これくらいはパスしないと!?
財団法人日本経営者協会の主催により、この春第1回試験が実施される「経営者検定」。確かに昨今の経営環境は非常に厳しいものがあり、まさに経営者の手腕が問われる時期にきているのかもなあという気はしますが、経営という「正解のないもの」を検定にしてしまうという、その心意気に脱帽です。すごいのが出てきたもんですな。

【試験情報】
  • 受験資格 社会人経験3年以上

  • 受験料 15,000円

  • 試験日程 第1回試験:2009年4月25日(土)

  • 受験申込 第1回試験:2009年4月6日(月)まで

  • 試験内容 財務会計・企業労務・企業法務・企業戦略・情報管理など
試験内容はともかくとして、まずその思想というか理念というか目的というか……がすごいです。

『国内中小企業の「後継者不足」を救い、良質企業の存続を目的とし、優秀な人材を発掘・育成し、且つ「検定試験」の合格者を「後継者又はブレーン」を求めて事前登録を済ませた協会会員企業に推薦・斡旋していく新しい制度です。』(公式サイトより)

経営者検定の公式テキスト
テキスト上巻。下巻も発売中!
そして試験の形式もすごいというか、他に類を見ない流れの試験になっています。まず受験資格として3年以上の社会人経験が必要とされているうえ、検定試験の前に書類審査があったり、試験が小論文を含めて340分もの長丁場だったり、試験後には有識者による最終面接が課されたりと、非常にものものしい雰囲気を醸し出している試験となっています。なかなかここまでやる試験はないですね~。

また、「公認会計士」「税理士」「中小企業診断士」「MBA」資格の保持者は、講習の受講により試験合格とみなされるという制度もあるそうですが……、今後どうなるかが非常に気になる検定ですねこれは。

どしどしご推薦下さい

いかがでしたか。この「資格ニューカマーズ!」コーナーでは、「今年できたばかりの新しい資格!」や「今度こんな検定試験ができるらしいよ!」といった鮮度満点のネタを、どしどしご紹介していきたいと考えております。これは!という新資格・新検定ネタを発見されたかたは(試験実施機関のかたから直接でも歓迎ですよ!)、ぜひサイト推薦フォームからご紹介ください! よろしくお願いいたします。

それではまた次回も、お楽しみに。


【関連ガイドサイト・チャネル】

【関連記事】
■過去の「資格ニューカマーズ!」記事
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。