第1位:アロマテラピー検定「イランイランには催淫作用があってね……」

アロマテラピー学科試験クラス別問題集
さらに上を目指す方にも
アロマテラピー検定は、日本アロマ環境協会が実施する検定試験です。イランイラン、ラベンダー、ローズマリーなどの精油(エッセンシャルオイル)の効用や、生理学・健康学に関わる知識について問われる筆記試験に加えて、香りを嗅いで精油名を答える「香りテスト」が実施される点が非常にユニークな試験です。
  • お手軽度:★★★(合格率9割!?)

  • ネタになる度:★★★(男にアロマって乙?)

  • 実用性:★★★(香りの効用って侮れない)

  • 取得費用:★★

  • 試験実施頻度:★★
ということで、堂々の第1位には「アロマテラピー検定」を選んでみました。パチパチパチ。

この資格は、僕が飲み会の場とかでネタとして話す資格の中でも、実際かなり女の子の興味を惹きやすい資格ですね。「アロマやってみたいと思ってるんだけど、今度教えてよー」なんて言われることもあったりして。

「最近寝不足?だったらラベンダーでリラックスするといいよ。」みたいなアドバイスができるところまでいければ、かなりカッコイイですね。男にアロマという取り合わせってやっぱキモいかなあと最初は思っていたのですが、実際はそうでもなく、むしろ好意的にとられることが多いようです。

アロマテラピー検定には「香りテスト」があったりして、「1級持ってるよ」と言うと、さもすごそうに聞こえますが、実は1級取得はそんなに難しいわけではなく、試験の合格率は8~9割程度にものぼります。というのも、アロマテラピー関連の資格としては、さらに「アロマテラピーインストラクター」「アロマセラピスト」などの上位資格があり、アロマテラピー検定1級は、これら上位資格への登竜門という位置付けにあるからです。

ということで、「アロマセラピスト」など上位資格を狙うのであれば、それなりに費用も労力もかかることになるのですが、アロマテラピー検定単体に関しては、ちょっと頑張って勉強すれば比較的簡単に取得できますし、実生活の上でもリフレッシュやリラックスの手段としてアロマテラピーを活用していければ、きっと貴方の人生はもっと素晴らしいものになるはず!(は言い過ぎ?)

あとがき

いやあ、無理ですよ。合コン行ったこともないのに(笑)。正直なところ、今回のお題は、かなり難しかったです。友達に助言してもらったりして、「美容師」「占い師」「マジシャン」「恋愛カウンセラー」「乗馬」「スキューバ」「船舶」「ドライバーライセンス」「ビリヤード」「空手」なども候補に入れていたんですが(そんな資格ないよ!っていうのも混じってます)、結局「比較的お手軽にとれる資格」という縛りをかけてしまったため、かなりおとなしめのランキングになってしまったような感はぬぐえません。その点はご容赦下さい。

この記事が皆様のお役に立ち、全国的に合コンが大成功し、日本の少子化対策の一助となれば、これ以上の幸せはありません。ありがとうございました。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。